富士電機
  • Global
  • 総合サイトマップ
  • 関係会社情報
  • 国内販売ネットワーク
  • 国内拠点

ホーム > 富士電機について > 会社概要 > 企業理念 > 富士電機企業行動基準

富士電機企業行動基準
富士電機企業行動基準

1992年制定 2010年改訂
私たち富士電機とその社員は、経営理念に掲げる「地球社会の良き企業市民として、地域、顧客、パートナーとの信頼関係を深め、誠実にその使命を果たす」ために、「グローバル」な視点から、

1. お客様を大切にします。

富士電機とその社員は、経営現地化やパートナーシップ構築などの積極的なグローバル展開を図るなど、お客様のニーズに応える技術開発や安全で優れた製品・サービスを「総力を挙げて」提供し、そしてお客様の要求に応える品質・価格・納期を「サプライチェーン全体」で実現することで、お客様さらには製品に触れる消費者にまで最大の満足を提供します。

2. 人を大切にします。

富士電機とその社員は、
  1. (1) 地域、顧客、パートナー、富士電機で働く人々その他すべての人との関係において、基本的人権を尊重します。
  2. (2) 社員個々の多様性を尊重しつつ、皆が能力を存分に発揮し活躍できるよう、人材育成や職場環境づくりに取り組みます。

3. 地球環境を大切にします。

富士電機とその社員は、あらゆる企業活動を通じて、地球環境保護や生物多様性への配慮など、持続可能な地球環境に貢献する取り組みを積極的に推進します。

4. 株主・投資家を大切にします。

富士電機とその社員は、株主・投資家への誠実で積極的な情報開示、コミュニケーションを図ることで、相互理解、信頼関係を深めます。

5. 社会との交流を大切にします。

富士電機とその社員は、地域社会などとの積極的な交流を通じ、その発展に貢献します。

6. グローバル・コンプライアンスを最優先します。

富士電機とその社員は、
  1. (1) 国内外の法令、慣習その他すべての社会的規範とその精神を十分に理解し、これらを遵守するとともに、常に高い社会良識をもって行動します。
  2. (2) 独占禁止法その他関連法令を遵守のうえ、公正な商取引を行います。
  3. (3) 自社が有する有形、無形の財産・情報、特に知的財産や個人情報、顧客情報の保護の重要性を十分認識のうえ、厳正に管理するとともに、他者の財産・情報を十分に尊重します。そしていかなるときも、業務上の立場や業務上知りえた情報を利用して、個人の利益を求めません。

富士電機の経営責任者は、この基準の実践に向け、自らが先頭に立って行動し、富士電機の全員と共有するとともに、パートナーにも積極的に周知します。また万一、富士電機で法令違反行為その他この基準に反するような事態が発生した場合には、自らが問題解決にあたり、社会への説明責任を果たしながら、原因究明、損害回復、再発防止に努めるとともに、厳正な処分を行います。

ページの先頭へ戻る

Copyright©Fuji Electric Co., Ltd. All Rights Reserved.