富士電機レポート2017
37/52

Fuji Electric Report 201736CSR活動障がい者雇用 「一人でも多くの障がい者を雇用して、定年まで就業を継続する」という考えのもとに、障がい者の雇用促進と就業継続に取り組んでいます。2016年度は、山梨製作所で障がい者雇用を開始するなど、全国のすべての事業所にて、製造現場や間接職場などへの新規職域拡大を継続実施した結果、11名(新卒8名・中途 3名)の障がい者を採用することができました。 ダイバーシティ推進  グローバルで事業を拡大していくために、国籍・性別のみならず、異なる信条や考え方など、チームに多様な価値観を取り込んで競争力強化につなげることを目指し、ダイバーシティ(多様な人材の活躍)を人材戦略の重点課題としています。海外人材雇用 富士電機の成長、事業拡大に向けグローバル化に取り組む中、海外拠点のビジネスを担う現地人材の育成、幹部への登用を進めています。富士電機アメリカ社、富士電機インド社には現地の人材をトップに登用し、また、アジア、中国も管理職に現地社員を増やすなど、国、地域に密着したビジネスを展開しています。フォークリフトの運転作業富士電機インド社現地採用スタッフ女性活躍推進 理工系女子学生の採用に向け、女子理工系採用プロジェクトを展開するとともに、インターンシップを積極的に実施しました。 また、若手・中堅女性社員のキャリアアップに向けた取り組みとして、幹部社員候補となる若手・中堅女性社員との面談を実施し、キャリア開発対象者を決定しました。 今後、個人ごとにキャリア開発計画を策定し、キャリアアップにつなげる計画です。2年連続で「なでしこ銘柄」に選定 経済産業省と東京証券取引所が共同で、女性活躍推進に優れ中長期的に企業価値向上を図っている企業を認定する「なでしこ銘柄」に、2016年に続き、2年連続で選ばれました。主な取り組み理工系出身女性社員のプロジェクトチームによる理工系女子学生の積極採用女性先輩社員と後輩社員によるメンター制度の実施女性管理職層の計画的育成の強化階層別啓発教育の実施(新入社員/中途採用社員/新任係長職/新任管理職)女性社員/女性管理職の推移2015年度2016年度2017年度2020年度目標正社員数14,260名14,057名13,907名-女性社員数1,764名1,737名1,725名-女性社員比率 12.4%12.4%12.4%-女性採用数*36名31名31名-女性採用比率23.4%16.9%14.2%20%女性管理職数*46名48名48名-女性管理職比率1.7%1.9%1.9%3.0%女性役職者数*172名192名  215名 300名対象会社:富士電機(株)、富士電機機器制御(株)、富士オフィス&ライフサービス(株)、富士電機ITセンター(株)、富士電機フィアス(株)、(株)富士一級建築士事務所、(株)富士電機フロンティアうち、女性採用対象会社:富士電機(株)、富士電機機器制御(株)* 女性採用数:大卒、高専卒、管理職:課長職層以上、役職者:係長クラス以上メンター制度(面談の様子)主な取り組み障がい者の職域拡大の継続・強化自立支援のための研修障がい者雇用率の推移(換算人) (雇用率%) 雇用数  雇用率02004000242.022.072.432.242.5129831433336037020172016201520142013(年)

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です