富士電機
  • Global
  • 総合サイトマップ
  • 関係会社情報
  • 国内販売ネットワーク
  • 国内拠点

ホーム > 富士電機について > 社会・環境報告(CSR) > 地域 > 次世代育成支援

地域
次世代育成支援

富士電機では、科学技術の素晴らしさやものつくりの大切さを伝えるとともに、社会でどのように役立っているかを子どもたちに伝えていくために、社員が講師やサポートを担当して、小中学生向けの「理科教室」や教員向けの「理科実技研修」(東京都)、「職場体験・工場見学」(各工場)などの活動に積極的に取り組んでいます。

次世代育成支援活動テーマ

テーマ活動内容活動風景
理科教室 子どもの理科離れを背景に、科学技術の素晴らしさを子どもたちに伝えていくための活動です。

  【活動事例】
「手作りモータ製作」東京都墨田区(墨田区立言問小学校)
「ものつくり教室」三重県四日市(四日市教育委員会・地元中学校)
「自動販売機の出前授業」沖縄県那覇市
「親子ふれあい教室(工房)」沖縄県那覇市
「出前授業」マレーシア
「3Dプリンターでコマを作ろう」東京都江東区(江東区立第二亀戸小学校)
「技術者から学ぶエネルギーの今」(船橋市立三山東小学校・大田原市立大田原小学校)
手作りモータを体験手作りモータを体験
教員向け研修 企業と教育界のコミュニケーション促進の一環として、教員の企業研修の受け入れを行っています。先生方に、理科のおもしろさ、ものつくりの大切さを伝えるとともに、最新の技術動向などの情報を提供し、実際の授業に役立てていただくための活動です。

  【活動事例】
「教員の民間企業研修」一般財団法人 経済広報センター
「理科実技研修」東京都日野市(日野市教育委員会)
「JEMA理科セミナー」(品川区教育委員会など)
教員の民間企業研修教員の民間企業研修 日野市理科実技研修日野市理科実技研修
職場体験・工場見学 子どもたちにものつくりへの興味・関心を喚起する職場体験や、地域住民の皆様に、当社の技術・製品やさまざまな取り組みを伝え、当社を理解していただくための工場見学を実施しています。

  【活動事例】
「職場体験」 国内12拠点
「工場見学」 国内12拠点
中学生の職場体験 中学生の職場体験
キャリア教育 社会に出て職業人として自立していくために必要な能力や、働くことの意義や職業観を学び、仕事に対して意欲的に取り組む姿勢や態度を身につけることで、自分の進路を主体的に選択していけるように啓発する活動です。

  【活動事例】
企業講話(日野市立日野第四中学校)
中学生への職業講和 中学生への職業講話

2016年度のトピックス

理科教室

理科教室(大田原)実験の様子 ■理科教室
  2月23日、大田原小学校の6年生2クラス約70名に理科教室を実施しました。「エネルギーをむだなく使う」をキーワードに、地球温暖化など環境問題とその改善方法を考えてもらう内容です。水をエネルギーに、水車をモータに置き換えた実験を通して、水車の羽根の枚数を変えることで性能の良い製品づくりの大切さを、また水量調節などを工夫することで製品の使い方が重要であることを学び、良い製品をうまくコントロールして使うことでより省エネができることを理解してもらいました。さらに、実験と関連させ、大田原工場で作っている製品も併せて紹介し、すぐ近くにある「富士電機」のことを知ってもらうことができました。

教員向け研修

教員の民間企業研修東京工場展示ルーム見学
作業
教員の民間企業研修自動販売機の分解作業
振り返り
■教員の民間企業研修
  富士電機では理科離れ対策として、子どもたちを対象とした理科教室のほかに、教員向けにも研修を実施しています。
  その一つとして、(一財)経済広報センター※が実施している「教員の民間企業研修」の受け入れをしています。
  10回目となる2016年度は、事業所近隣の東京都日野市などの小・中学校教員の10年目研修として、29名に参加していただきました。
  富士電機のCSRの説明や障がい者が働く現場、工場の展示ルームの見学を通して富士電機を知ってもらい、また、安全の取り組みや製造ラインの見学、自動販売機の分解などを通して、ものつくりの工夫や社会・環境への貢献、その重要性を考えてもらいました。さらに、人材育成についてグループワークを実施してコミュニケーションやチームワークの大切さと次世代を担う子どもたちを育てるために何が必要かを考えてもらいました。研修で学び、感じたことを授業で活かしていただくことを期待しています。
※一般財団法人)経済広報センター
経済界の考え方や企業活動について国内外に広く発信するとともに、社会の声を経済界や企業にフィードバックしている組織。

キャリア教育

企業講話講義の様子 企業講話清掃業務の実演 ■企業講話
   日野市立日野第四中学校 第1学年240名を対象に総合的な学習の時間で「企業ではたらくこと」をテーマに、将来社会人として働く際の学びの機会として企業講話を実施しました。
   ・直接話を聞くことで進路について考える機会とする
   ・実社会での実践・応用例での生徒の興味、関心を喚起させる
   ・企業に求められている社会的責任を学ぶ
   これらの目的と学校からの要望を踏まえ「富士電機のCSR」と「富士電機フロンティアの概要および業務実演」の講話を行いました。
   当日は富士電機のCSRについて、企業が社会のために「ステークホルダー」を大切にしながら日々活動を行っていることを理解してもらいました。 また、富士電機フロンティアの講話では、概要説明とともに社員による清掃業務の実演もあり、テーブルの拭き方、モップの扱い方など普段行っている作業を再現し、その高度な仕事ぶりにみんな真剣に見入っている様子が印象的でした。 生徒たちは2学期に「福祉(共生学習)」を、3学期に「進路(キャリア教育)」を学んでいるため、企業ではたらくことについて、より具体的にイメージしてもらえたと思います。
   東京工場のある日野市の学校でもあるため、地元企業がどのようなことをしているか事業案内映像により紹介することもでき、先生方からも今後の進路学習に役立てたいと、嬉しいお言葉をいただきました。

ページの先頭へ戻る

Copyright©Fuji Electric Co., Ltd. All Rights Reserved.