富士電機
  • Global
  • 総合サイトマップ
  • 関係会社情報
  • 国内販売ネットワーク
  • 国内拠点

ホーム > 富士電機について > 社会・環境報告(CSR) > お客様 > 製品の品質保証

お客様
製品の品質保証

品質保証の基本的な考え方

  富士電機は、すべての製品・サービスについて業界最高水準の品質を確保することを旨とする「品質方針」を1970年に定めています。
  この方針のもと、毎年「高信頼性活動方針」を策定し、商品企画から販売・サービスに至るあらゆる段階で総力をあげて品質向上に取り組んでいます。

富士電機品質方針

1970年制定 2011年改定
  • 品質方針
    富士電機で生産・販売する製品・サービスは、すべて顧客満足の得られる業界最高の品質水準を確保しなければならない。
  • 目標
    「社会的存在価値の高い企業」を目指し、社会的役割や責任を自覚し、社会からの信頼を高め、社会に有用な製品・サービスを提供し続ける。
    「顧客の信用・信頼を失墜する事故・クレーム0件」「全数良品」を達成する。
  • 活動の基本
    1. 事業責任者の強い意志
    2. 全員の品質に対する拘り
    3. 技術・技能の向上

品質保証活動の推進体制

  富士電機は「品質」を生産技術の一つの重要な要素と捉えており、生産技術の向上を推進するために、2005年11月に設置した全社横断の「生産技術委員会」の4部会のひとつとして「品質保証部会」を設置しました。
  品質向上活動は、品質保証部会が中心となり他の部会と連携しながら推進し、安定的かつ均一な品質水準の実現を目指し、お客様満足の向上に努めています。

生産技術体制と品質保証部会

生産技術体制と品質保証部会図

生産技術の範囲

生産技術の範囲図

高信頼性活動

高信頼性活動シンボルタワー高信頼性活動
シンボルタワー
  品質方針のもと、毎年度、「高信頼性活動方針」を策定し、事業部門・工場へ展開しています。事業部門・工場は、これを自部門の高信頼性活動方針に展開しています。
  品質方針と高信頼性活動方針を基に、PDCAサイクル(計画(plan)→実行(do)→評価(check)→改善(act))をまわすことにより、継続的な品質改善を行っています。
  2016年度は、重点拠点(鈴鹿、東京、三重、千葉など)の品質向上活動や、4M変更管理等の重点QC診断に取り組みました。

高信頼性活動

品質マネジメントの認証取得

  富士電機は、品質マネジメントシステムの維持・強化に向けて、国際規格であるISO9001を認証取得しています。 2017年3月末現在、国内外拠点、国内外子会社において、38組織で認証を取得しており、販社を除いた生産拠点については100%が認証を取得しています。

品質を支える人材の育成

教育体制の充実

  富士電機では、品質方針のもと、従業員の技術・技能の向上を図るため、品質管理教育を実施しています。
  全社の人材育成を支える能力開発センター(東京都日野市)と生産技術力強化の核となる設備技術センター(埼玉県鴻巣市)の主に2か所で、富士電機を支える人材の育成を行っています。品質管理教育は「品質・信頼性管理」「統計的手法」「問題解決技法」などの集合教育を設定し、定期的に実施することで従業員の技術・技能の育成につながっています。

QC検定の合格者拡大

  富士電機では、従業員一人ひとりの品質保証への意識向上を目的に、日本規格協会と日本科学技術連盟が主催している、「QC検定」の合格者拡大を推進しています。 2016年度は新たに315名が「QC検定」に合格しました。今後も全社活動として更なる合格者拡大を目指します。

失敗を活かす研修会の開催

失敗を活かす研修会失敗を活かす研修会の様子   過去の製品不具合や失敗から徹底的に学び、未然防止につなげる活動として、「失敗を活かす研修会」を2006年度より継続して実施しています。事例発表の中で、失敗の真の原因とその背景・経緯を明らかにし、そこから反省と教訓を導き出し、受講者と共有し、さらにそれを上位概念化、知識化することによって業務に活用していく事を目的としています。2016年度も計3回、設計及び製造要因の9テーマを実施し、268名が受講しました。


ページの先頭へ戻る

Copyright©Fuji Electric Co., Ltd. All Rights Reserved.