富士電機
  • Global
  • 総合サイトマップ
  • 関係会社情報
  • 国内販売ネットワーク
  • 国内拠点

ホーム > 富士電機について > ニュースリリース > 直接挿入レーザ方式ガス分析計「ZSS」発売...

ニュースリリース

2007年5月28日
富士電機システムズ株式会社

直接挿入レーザ方式ガス分析計「ZSS」発売について

  富士電機システムズ株式会社(社長:矢内 銀次郎)は、クロススタック(下図参照:煙道の一方にレーザ発光部、反対側に受光部を取り付ける方式)のレーザ方式によって、塵芥焼却炉などの煙道排ガス中の塩化水素(HCℓ)濃度やアンモニア(NH3)濃度を連続測定するプロセス用ガス分析計「直接挿入レーザ方式ガス分析計(形式名:ZSS)」を国内で初めて商品化し、販売を開始します。
  これまで、煙道排ガス中の塩化水素やアンモニアの連続測定は、測定ガスをサンプリング配管を通して分析装置内へ吸引して分析する方式であった為、応答速度が遅くなっていましたが、「直接挿入レーザ方式ガス分析計(形式名:ZSS)」は、検出部分を直接煙道やダクトに取り付けて測定するため応答が非常に速くなります。 また、サンプリング配管工事が不要で施工費用の削減ができます。さらに本分析計は長期安定性に優れていますので、保守費用を大幅に削減することができます。
   応答速度性能の向上に伴い、ごみ焼却施設の脱塩酸設備や、燃焼排ガス脱硝設備の濃度監視だけではなく、制御への適用も図れます。

図
【図】煙道やダクトに発光部と受光部を取り付け、特定波長のレーザ光を照射してガス濃度を測定


【新製品の特長】

(1) 高速応答※1のため、制御系へのセンサ信号としても適用が可能です。
(2) 吸着や腐食性のある塩化水素やアンモニアを低濃度から測定可能※2です。
(3) 測定成分の特定吸収波長に合致した赤外線半導体レーザを使用しているため、他ガスの干渉の影響を殆ど受けません。
(4) 長期安定性に優れ、メンテナンスフリーです。
(5) 保守費用が大幅に削減できます。

※1 「応答時間」
  2秒以下(90%応答)
  (当社製サンプリング方式の分析装置の応答時間は、装置入口から1〜4分)
※2 「測定範囲(光路長1mにて)」
 

10ppm濃度の塩化水素では、測定光長1mの場合は測定範囲10ppm、測定光路長2mの場合は、測定範囲5ppmで測定可能。


(1) 価格  
  標準品 希望小売価格:560万円(据付・調整サービスは除く)
(2) 販売計画 初年度100セット
(3) 発売時期 2007年5月
(4) 製品問合せ先  
  富士電機システムズ株式会社 制御システム本部 PIA統括部
計測機器営業部
  TEL:042-583-5413  FAX:042-584-9804

    

製品仕様PDFPDF [106KB]

以  上




ページトップへ戻る
Copyright©Fuji Electric Co., Ltd. All Rights Reserved.