富士電機
  • Global
  • 総合サイトマップ
  • 関係会社情報
  • 国内販売ネットワーク
  • 国内拠点

ホーム > 富士電機について > ニュースリリース > フィルム型アモルファス太陽電池の生産設備増...

ニュースリリース

2007年10月04日
富士電機システムズ株式会社

フィルム型アモルファス太陽電池の生産設備増強について

  富士電機システムズ株式会社(本社:東京都品川区 社長:矢内銀次郎)は、約70億円の設備投資を実施し、2008年度上期中に、フィルム型アモルファス太陽電池「FWAVE」の生産能力を、現在の12MW/年から約40MW/年に増強します。

■背景

  昨今、太陽電池市場は欧州を中心に大幅に伸長(全世界で2004年度約1.2GW、2005年度約1.8GW、2006年度約2.5GW(生産ベース))しており、今後も欧州市場を中心に年率30%程度の伸長が予測され、2010年には倍増の5.2GWの市場が期待されています。こうした市場環境の中、当社にはドイツ他欧州諸国より大型の引き合いがあり、今回、生産設備の増強を決定致しました。

■生産設備増強計画

  2007〜2008年度に、約70億円を投資し、熊本工場に生産ライン2本を増強し、2009年度の同工場の生産能力を40MW/年に引き上げます。
  今後は、欧州諸国はもとより、国 内及びアジアや米国での需要拡大が予測されます。市場及び技術動向を見極めながら、数年後を目処に研究開発及び設備投資で約300億円を投資して、150MW/年の生産を目指します。また、モジュール生産については熊本工場のみでなく、将来は市場に近い欧州あるいは中国を候補に検討予定です。

年 度 生産能力 売 上
2007年度 12MW/年 20億円
2009年度(計画) 40MW/年 100億円超


【FWAVEの特長】

  フィルム型アモルファス太陽電池「FWAVE」は、シリコン原料の使用を最大限抑えた「省シリコン」「薄い・軽い・曲がる」「微小光での発電が可能」「生産時のCO2排出量が結晶系の50%」という他社に無い特長を最大に活かし、大規模屋根や、防水シート一体型等、建物の屋根向けを中心に市場展開しています。
   独自開発した極めて生産性の高い「ロールツーロール製法」での量産により、大幅なコストダウンを図るとともに、今後更に「軽い・曲がる」特長を活かした応用製品の開発を一層強化していきます。

【熊本工場の概要】
所在地 :熊本県玉名郡南関町大字肥猪4003-1
敷地面積 :約54,000平方メートル/建屋面積:約10,000平方メートル
従業員 :51人(2007年9月30日現在)
操業 :2006年11月

FES熊本工場 太陽電池FWAVE
富士電機システムズ 熊本工場  フィルム型アモルファス太陽電池FWAVE
印刷用jpgデータ(709KB) 印刷用jpgデータ(137KB)
【本件に関するお問い合わせ】
富士電機システムズ株式会社 経営企画本部企画部 TEL:03-5435-7250

以  上




ページトップへ戻る
Copyright©Fuji Electric Co., Ltd. All Rights Reserved.