富士電機
  • Global
  • 総合サイトマップ
  • 関係会社情報
  • 国内販売ネットワーク
  • 国内拠点

ホーム > 富士電機について > ニュースリリース > IH過熱蒸気発生装置「IHSS」の発売について

ニュースリリース

2009年6月8日
富士電機システムズ株式会社

IH過熱蒸気発生装置「IHSS」の発売について
〜IH技術により業界最高レベルの熱効率で、加熱処理用の過熱蒸気を生成〜

※本製品についての最新情報は、下記ご参照下さい。
http://www.fujielectric.co.jp/about/news/detail/2012/20120116000024705.html

  富士電機システムズ株式会社(本社:東京都品川区、取締役社長:白倉三徳 以下、富士電機システムズ)は、東京電力株式会社殿と共同で開発してまいりました、食品加工工場などで洗浄・殺菌・加熱処理に利用される、過熱蒸気を生成するIH過熱蒸気発生装置「IHSS」を発売します。

  なお、本装置は発売にあわせて、平成21年6月9日(火)から12日(金)まで、東京ビッグサイトで開催される「FOOMA JAPAN 2009 国際食品工業展」の東京電力株式会社殿ブースで紹介いたします。

1.開発の狙い
(1) 本装置は、食品工場などにおける搬送ラインの洗浄・殺菌処理や食材の加熱処理で過熱蒸気をご利用されるお客様向けに開発致しました。
特に食品加工においては、外はカリカリ、中はジューシーな食感に仕上げることが可能なため、広く活用されることが期待されます。
また、洗浄・殺菌・加熱処理以外にも食品廃棄物処理における残渣の粉末化や脱臭などが可能となります。
(2) リサイクル工場などでは有機物分解、金属表面の脱脂など幅広い分野での利用が期待されます。
(3) 本装置は、誘導加熱(IH)技術を応用することにより、水から直接過熱蒸気を生成することができるワンスルー方式であり、必要な場所で必要な量の過熱蒸気を高い効率で供給できるエコロジーな商品となっています。
誰にでも取り扱いしやすい、新しい技術としてご利用いただけるものと考えています。

2.特長
  本装置は、誘導加熱(IH)技術を応用することにより、様々な用途で利用可能な450℃の過熱蒸気の生成と業界最高レベルの熱効率(95%)を実現いたしました。
(1) 業界最高レベルの熱効率(95%)を実現
    IH技術を応用し、エネルギーロスを極力排除した設計で、業界最高レベルの熱効率95%を実現しました。
(2) ワンスルー方式で過熱蒸気を生成
    従来のボイラー方式では、「飽和蒸気(約100℃)の生成」と「過熱蒸気(約450℃)の生成」が2段階で行われるため、別々の機器と蒸気配管が必要でした。
  しかし、IHSSではこれらの生成工程が1台で実現できますので、水から直接過熱蒸気を発生することが可能になりました。
<メリット>
(1) イニシヤルコストの低減
    従来機器の構成が省略できます。
(2) 従来の蒸気配管が不要
    配管によるロスを削減できます。
(3) 省スペース化
    コンパクト構造で、設備レイアウト変更が容易に行えます。
(3) 450℃の過熱蒸気により用途の多様化が可能
    本装置は450℃の過熱蒸気を生成することが可能なため、洗浄・殺菌・加熱処理以外にも、食品廃棄物処理における粉末化や脱臭、リサイクルにおける脱脂や炭化など、様々な用途でご利用いただけます。
(4) 簡易貫流ボイラーに適合した構造で免許が不要なため誰でも使用可能
(5) 15分間の急速立上げが可能
    伝熱面積の大きい加熱体の採用により、立上げ時間を短縮(15分以内)することにより省エネが図れます。
(6) コンパクト設計で利便性が向上
    コンパクト設計でキャスタにより移動可能なため、使用する機器の近傍に設置(若しくは内蔵)でき、利便性が向上しました。

3.ターゲットとするマーケット
(1) 食品関連 (急速加熱、無酸素雰囲気): 食品の熱加工
(2) リサイクル市場  (脱脂、無酸素): 機械油の脱脂、廃プラスチックリサイクル
(3) その他: 塗装乾燥、洗浄殺菌など

4.価格
600万円(インバータ電源20kHz/20kW、蒸気量20kg/h)
5. 販売開始日
2009年6月8日
6. 販売目標
初年度 20台/年
3年後 100台/年


◆IH過熱蒸気発生装置「IHSS」の概要
製品仕様
IHSS外観写真
型 式
IHSS-20
通常使用圧力 0.3MPa
電源容量 20kW/20kHz
入力電圧 三相 AC200V
蒸気出口温度 450℃
蒸気量 20kg/h
寸法 W750×D950×H1000
質量 300kg



【お客様問合せ先】
  富士電機システムズ株式会社 営業本部 第一統括部 営業第一部
  TEL:03-5435-7034


<補足>
※誘導加熱とは:
  コイルに交流電流を流すと、コイル内にある被加熱物体中に渦電流が生じます。この渦電流損によるジュール熱で加熱するのが誘導加熱です。高い制御特性で、高効率、非接触加熱が可能です。

※過熱蒸気とは:
  水を沸騰させた際に発生する蒸気(飽和蒸気)を、さらに昇温させたもので、ほぼ酸素が含まれないため、加熱の対象を酸化させずに処理できることから、近年、加熱処理に利用されるようになり、注目されています。

※過熱蒸気の発生方法:
  <従来方式><ワンスルー方式>
過熱蒸気の発生方法図<ワンスルー方式>



以  上




ページトップへ戻る
Copyright©Fuji Electric Co., Ltd. All Rights Reserved.