富士電機
  • Global
  • 総合サイトマップ
  • 関係会社情報
  • 国内販売ネットワーク
  • 国内拠点

ホーム > 富士電機について > ニュースリリース > 【富士電機グループ】パワー半導体の生産子...

ニュースリリース

2010年2月5日
富士電機ホールディングス株式会社

【富士電機グループ】パワー半導体の生産子会社の合併について

  富士電機ホールディングス株式会社(社長:伊藤晴夫、本社:東京都品川区)傘下の中核事業会社である富士電機システムズ株式会社(社長 白倉三コ、本社:東京都品川区)は、事業構造改革の一環として本年4月1日付をもって、連結子会社である株式会社大町富士(社長:永田晃、本社:長野県大町市)、株式会社北陸富士(社長:安部浩司、本社:富山県滑川市)、株式会社飯山富士(社長:藤岡一夫、本社:長野県飯山市)の3社を合併し、パワー半導体を生産する新会社として発足することを決定しましたので、お知らせいたします。

1.合併の狙い
  弊社グループのパワー半導体事業は、電源分野と産業分野向けを基盤分野と位置付ける一方、世界的にも市場の拡大が見込まれる自動車分野(HV/EV分野、カーエレクトロニクス分野など)と新エネルギー分野を注力分野と位置づけ、事業ポートフォリオの変革とグローバル最適地生産体制の構築に取り組んでいます。
  この中で、昨年から後工程の生産拠点の再編に取り組み、電源分野と産業分野向けの半導体については、原価低減や為替リスクなどに対応するために海外拠点(フィリピン、マレーシア)への生産シフトを加速しています。
  更に今回国内生産子会社3社の合併により、経営の効率化を加速させながら、高品質・少量多品種に対応できる生産体制を構築し、お客様のご要望にタイムリーに応えていきます。

〔基本方針〕
(1) 各拠点が持つ固有の製造技術・技能を共有化し、更なる品質向上を実現
(2) 拠点・機種にまたがる多能工化を推進し、需要変動に迅速に対応できる生産体制を構築
(3) SiCパワー半導体などの次世代デバイスの量産拠点として、最先端の生産技術を早期に確立

2.合併の要旨
(1) 合併予定日(効力発生日)
  2010年4月1日(木)
(2) 合併方式
  株式会社大町富士を存続会社とする吸収合併方式で、株式会社北陸富士、株式会社飯山富士は解散します。

3.合併当事会社の概況
商号
株式会社大町富士
(存続会社)
株式会社北陸富士
(合併により解散)
株式会社飯山富士
(合併により解散)
事業内容
半導体デバイスの製造
半導体デバイスの製造
半導体デバイスの製造
会社設立
1970年6月
1969年9月
1973年11月
本店所在地
長野県大町市
富山県滑川市
長野県飯山市
代表者
代表取締役社長
永田 晃
代表取締役社長
安部 浩司
代表取締役社長
藤岡 一夫
資本金
300百万円
98百万円
40百万円
売上高
約160億円
約90億円
約50億円
従業員数
約240人
約300人
約180人

4.新会社の概要
商号
未定 (*)
事業内容
半導体デバイスの製造
本店所在地
長野県松本市
代表者
未定
資本金
300百万円
売上高
約300億円
(*) 新会社の社名が決まり次第、速やかに発表します。



以  上




ページトップへ戻る
Copyright©Fuji Electric Co., Ltd. All Rights Reserved.