富士電機
  • Global
  • 総合サイトマップ
  • 関係会社情報
  • 国内販売ネットワーク
  • 国内拠点

ホーム > 富士電機について > ニュースリリース > 中期経営計画(2009-2011)を策定

ニュースリリース

2010年2月25日
富士電機ホールディングス株式会社

中期経営計画(2009-2011)を策定
―「エネルギー・環境」事業を通して社会に貢献する企業―

  富士電機グループは、「『エネルギー・環境』事業を通して社会に貢献する企業」を目標とする企業像に掲げ、2009年度から2011年度までの3ヵ年にわたる中期経営計画を策定しました。
  現在進行中である2009年度の「構造改革の仕上げ」から2010年度以降の「成長戦略」まで、「エネルギー・環境」へ経営リソースを集中し、長期的に安定した収益基盤を構築するとともに、地球社会との調和を理念としたCSR経営を実践していきます。

1.基本方針
  パワーエレクトロニクス分野をコアに持続的高収益事業グループを目指すために、以下の3つを基本方針として取り組みます。
(1) 「エネルギー・環境」事業への注力
  長年培ってきたパワエレなどの強い技術をベースにした事業展開
(2) テクノロジー重視のソリューションビジネスの展開
  強い技術に裏打ちされた顧客重視の製品・サービスの提供
(3) 中国・アジア市場を中心とした事業展開
  海外売上高比率25%→40%に拡大

2.経営目標(2011年度の姿)
売上高 7,500億円
営業利益率 5.0%

3.経営施策
海外生産の拡大 2011年度比率:40%(2009年度見通し:22%)
研究開発費 2011年度までの3年間で850億円 (エネルギー・環境分野に積極投資:60%)
設備投資額 2011年度までの3年間で830億円 (エネルギー・環境分野に積極投資:67%)

4.新セグメント体制
「エネルギー・環境」分野における最適なソリューションビジネス展開にあわせた新セグメント体制へ移行します。(2010年4月から移行)
新セグメント体制図
セグメント別売上目標(2011年度)
エネルギーソリューション 1,000億円
環境ソリューション 3,400億円
半導体 900億円
自販機・器具・ディスク媒体 2,050億円
工事その他 1,100億円
※内部売上高消去前の金額

※詳細は別途資料(弊社ホームページ > 株主・投資家情報 にて公開)をご参照ください。

以  上




ページトップへ戻る
Copyright©Fuji Electric Co., Ltd. All Rights Reserved.