富士電機
  • Global
  • 総合サイトマップ
  • 関係会社情報
  • 国内販売ネットワーク
  • 国内拠点

ホーム > 富士電機について > ニュースリリース > マカオ新交通システム用『電気式戸閉装置』の受注について

ニュースリリース

2012年6月18日
富士電機株式会社

マカオ新交通システム用『電気式戸閉装置』の受注について

  富士電機株式会社(東京都品川区、代表取締役社長:北澤通宏)は、三菱重工業株式会社(東京都品川区、代表取締役社長:大宮英明)から、マカオ政府が建設を予定している軌道系交通システム(Macau Light Rapid Transit: LRT、以下「マカオLRT」)向けに「電気式戸閉装置」を受注しましたのでお知らせいたします。

 

1.商談概要

  マカオでは、人口の増加を背景に郊外の住宅化が進んでおり、市中心部と郊外を結ぶ新たな交通手段が求められています。マカオLRTは、マカオ北部とタイパ島を結ぶ全長20kmの新たな交通機関として、2015年4月に開業を予定しています。
   当社は、マカオLRTの全自動無人運転のゴムタイヤ式車両(APM)用に「電気式戸閉装置」を2012年秋より約1年間で合計440台を納入する予定です。

 

2.製品の特長
(1) 高い信頼性
  電気モータ駆動方式を採用し、当社が得意とするパワーエレクトロニクス技術により高度な開閉制御が可能な「電気式戸閉装置」を開発・製作し、鉄道運行における厳しい安全機能の要求に対応しています。
(2) 軽量化の実現
  マカオLRTは高架橋を運行するため、車両および車両搭載機器に対し厳格な軽量化が求められます。納入する「電気式戸閉装置」は従来製品比約30%の軽量化を実現しました。
(3) 安全性の追求
  安全性をさらに高めた製品を提供するため、鉄道用機能安全規格(SIL)の認定を取得する予定です。安全機能の設計開発において第三者認証による審査を行い、より安全性の高いものづくりを目指します。

 

マカオLRT車両イメージ
マカオLRT車両イメージ

 

【お客様問合せ先】

富士電機株式会社 海外事業本部
電力・社会インフラ営業統括部 営業第4部
tel:03-5435-7045




以上




ページトップへ戻る
Copyright©Fuji Electric Co., Ltd. All Rights Reserved.