富士電機
  • Global
  • 総合サイトマップ
  • 関係会社情報
  • 国内販売ネットワーク
  • 国内拠点

ホーム > 富士電機について > ニュースリリース > SiCパワー半導体モジュールを採用した東海道新幹線車両向け主変換装置の共同開発...

ニュースリリース

2015年6月25日
富士電機株式会社

SiCパワー半導体モジュールを採用した
東海道新幹線車両向け主変換装置の共同開発について

  富士電機株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:北澤通宏)は、東海旅客鉄道株式会社(本社:愛知県名古屋市、代表取締役社長:柘植康英)と、東海道新幹線車両向けに、SiC(炭化ケイ素)パワー半導体モジュールを採用した主変換装置を共同開発し、実用化の目途が立ちましたのでお知らせいたします。

1.製品の特長
  現在開発中の主変換装置※1には、鉄道車両用に自社開発した定格電圧3,300V、定格電流1,200AのSiCパワー半導体モジュールを採用しています。
  SiCパワー半導体モジュール※2は、従来のSi(シリコン)パワー半導体モジュールに比べて発熱量が少ないことから、主変換装置の冷却機構を簡素化でき、主変換装置を含む駆動システムの小型軽量化と省エネ化を実現します。
主変換装置 SiCパワー半導体モジュール


※1 架線からの単相交流を三相交流に変換し、モータを駆動し、新幹線を走行させるシステム。
※2 本モジュールに適用したSiCデバイスは、当社が2012年度より参画している「TPEC(つくばパワーエレクトロニクスコンステレーション)」での、国立研究開発法人産業技術総合研究所、住友電気工業株式会社、株式会社アルバックとの共同研究成果を活用しています


試作機仕様概要

主回路方式 コンバータ部:3レベル変調単相電圧形PWMコンバータ
インバータ部:3レベル変調三相電圧形VVVFインバータ
使用素子 コンバータ部:3,300V-1,200A SiCパワー半導体モジュール
インバータ部:3,300V-1,200A SiCパワー半導体モジュール
制御方式 305kWモータ×4台並列制御
冷却方式 走行風冷却方式

 

2 .今後の展開
  現在、東海旅客鉄道株式会社と協力し、本試作機を東海道新幹線N700系車両に搭載して、走行試験による評価を行っています。高速鉄道の駆動システムにSiCパワー半導体モジュールを採用しての走行は世界初となります。今後製品化に向けて、ここで得られたデータを基に詳細設計を進めるとともに、さらなる品質向上を図ります。

 

3 .製品に関するお問合せ先
  富士電機株式会社 パワエレ機器事業本部
  輸送パワエレ事業部 企画部
  TEL:03-5435-7186




以上




ページトップへ戻る
Copyright©Fuji Electric Co., Ltd. All Rights Reserved.