富士電機
  • Global
  • 総合サイトマップ
  • 関係会社情報
  • 国内販売ネットワーク
  • 国内拠点

ホーム > 富士電機について > ニュースリリース > データセンターの大幅な省エネに貢献する間接外気空調ユニット「F-COOL NE...

ニュースリリース

2017年11月27日
富士電機株式会社

データセンターの大幅な省エネに貢献する間接外気空調ユニット「F-COOL NEO」の系列拡充について

  富士電機株式会社(東京都品川区、代表取締役社長:北澤通宏)は、データセンター向け間接外気空調ユニット「F-COOL NEO」の大容量タイプ(冷房能力56kW)を発売し製品系列を拡充しますので、お知らせいたします。

1. 背景
  近年、データセンター(DC)では、クラウドサービスの普及や電子商取引等の拡大に伴い、サーバ台数や情報処理量が増大しています。DCを構成するサーバや周辺機器からは多くの排熱が生じます。そのため、施設全体の約40%の電力が空調に使用されており、DC運用者が抱える大きな課題の一つに、排熱の効率的な冷却による省エネが挙げられます。
  当社は2011年に、外気を活用し大幅な省エネを実現する、間接外気空調ユニット「F-COOL NEO」(冷房能力40kW)を発売。今般、小規模DC(コンテナ型、モジュール型)から大規模DC(建屋型)までお客様の設備規模に応じて柔軟に対応すべく、新たに大容量タイプ(同56kW)をラインアップに加えました。
  現在、DCの世界市場は9000億円で、2020年に向けて年率13%で伸長すると予測されています(出所「MarketsandMarkets」)。当社は、DCを注力分野の一つに掲げており、「F-COOL NEO」を中核商材に、無停電電源装置や受変電設備、さらには設備建設まで含めたEPC(設計・調達・施工)での事業拡大を図ります。

2. 「F-COOL NEO」について
  • 冬場など気温が低い時期には冷房を使わず外気を取り入れ冷却し、夏場など気温が高い時期には外気と冷房を併用するハイブリッドタイプの空調機です。外気温度に応じて最適な冷却方法を自動制御し、空調にかかる消費電力量を、一般空調機と比較して年間65%削減します
  • 外気を直接取り入れず、熱交換器を使用する「間接外気利用方式」を採用しています。IDC内に塵埃やSOx・NOx等を混入させず、機器の腐食対策が不要です。また外気の湿度の影響を受けないため、室内の湿度調節が容易です。

※以下の条件で当社推計

冷房能力;56kW, 給気温度;26℃, 給気風量;11900m3/h, 外気;東京の月平均温度,一般空調機の成績係数(COP);3.5と仮定

写真:室外機

3. ラインアップ
定格冷房能力 40kW(一体型) 40kW(分離型) 56kW(分離型)
外形寸法
(幅×奥行×高さ)
1,200×2,200×2,700mm 室内機 室外機 室内機 室外機
1,200×1,200×2,300mm 1,200×1,000×2,700mm 1,200×1,600×2,700mm 1,200×1,900×2,300mm
重量 1,000kg 440kg 580kg 680kg 740kg

4. 発売時期
  即日

5. 製品に関するお問い合わせ先
  富士電機株式会社 営業本部
  エネルギーソリューション統括部 営業第一部
  TEL:03-5435-7024



以上




ページトップへ戻る
Copyright©Fuji Electric Co., Ltd. All Rights Reserved.