富士電機
  • Global
  • 総合サイトマップ
  • 関係会社情報
  • 国内販売ネットワーク
  • 国内拠点

ホーム > 富士電機 おすすめソリューション > 太陽光発電用パワーコンディショナ

パワーコンディショナ イメージ

[ 富士電機  おすすめソリューション ]

最小限の電力ロスで最大限の変換効率を。

太陽光発電の電力変換には欠かせないパワーコンディショナ(PCS)。そこで求められるのが、直流から交流への電力変換効率です。富士電機の大規模太陽光発電(メガソーラー)用のパワーコンディショナなら、世界最高レベルの変換効率で電力ロスを最小限に抑えます。

世界最高レベルの変換効率98.8% All-SiCモジュール搭載「太陽光発電用パワーコンディショナ」

製品ページへ

電力変換時における電力ロスを解決。

電力ロス イメージ

太陽光を一般で使える電力にするために、パワーコンディショナは必要不可欠。

パワーコンディショナ イメージソーラーパネルで発電した電力は「直流電力」であり、一般の家庭でそのまま使うことはできません。そのため直流電力は、一般に用いられている「交流電力」に変換する必要があります。太陽光発電用パワーコンディショナは、そんな直流電力を交流電力へと変換させる装置。その際の変換効率が高いほど、優れたパワーコンディショナといえるのです。

[富士電機  おすすめソリューション]

「高効率化」「小型化」「大容量化」を実現する富士電機の太陽光発電用パワーコンディショナ。

世界最高レベルの変換効率98.8%
一般的なパワーコンディショナの変換効率が約95%〜98%に対して、富士電機は98.8%の高効率化を実現。1%違うだけで、月間で家庭約30世帯分の消費電力量に相当するので、とても大きなアドバンテージといえます。
※ 出力1万kWの大規模メガソーラーの場合。月間世帯消費電力300kWhで計算。
変換効率98.8% イメージ
さらなる低損失化を実現するSiCパワー半導体
省エネ化・高効率化 イメージAll-SiCモジュールを採用することで、スイッチング損失等を大幅に低減。また、回路の小型化も実現し、装置(盤)のサイズを約20%削減できました。
低コストを実現する周辺機器一体化
基本となる周辺機器の一体化により、現地据付工事・組立作業の短縮、工事・建設費用の削減を実現しました。
設置台数減少に貢献
設置台数減 イメージ容量1000kWの実現により、メガソーラーに必要なパワーコンディショナの設置台数を抑えることが可能になりました。

製品ページへ

富士電機  おすすめソリューション  トップページへ

ページの先頭へ戻る

Copyright©Fuji Electric Co., Ltd. All Rights Reserved.