どこにもない安全な「鉛フリーはんだ」がほしい。
ライセンシー各メディアの掲載広告

富士電機の鉛フリーはんだ

緑豊かな地球、この地球環境を将来に渡って維持していくことに対する企業の果たすべき役割は、ますます重要になってきています。

欧州におけるWEEE&RoHS指令に代表される世界的な鉛フリー化対策に対応することは、その代表的事例と言えます。

富士電機グループでは、この鉛フリー化対策技術の一環として、独自の鉛フリーはんだを開発し、富士電機グループ内での製品への適用を進めるなど、国内外の環境問題に積極的に取り組んでおります。

接合性、耐熱性に優れ、酸化抑制によるドロスの発生が少ないなど優れた特性を持っているこの鉛フリーはんだはSn-Ag-Cu(錫、銀、銅)を主成分とし、これに、Ni(ニッケル)およびGe(ゲルマニウム)を添加したはんだであり、日本をはじめとして米国、ドイツでの特許権を取得しています。

富士電機グループでは、国際的な環境保護に貢献するため、これらの鉛フリーはんだをグループ内のみでの使用に止まらず、広く国内外の企業にも適用していただくために関連特許の有償公開を実施しております。

また、有償公開にあたり許諾先企業の方々の協力の下、侵害行為の排除に努める事で、知的財産権価値の維持に努めております。





左図にマウスをおくと図が拡大します
 


左図にマウスをおくと図が拡大します