富士電機
  • Global
  • 総合サイトマップ
  • 関係会社情報
  • 国内販売ネットワーク
  • 国内拠点

ホーム > 富士電機について > 研究開発 > 研究開発の取り組み > 研究開発テーマ > 高度気流解析によるエアカーテンの改良による省エネ化

高度気流解析によるエアカーテンの改良による省エネ化

  • 事業部門・生産技術部門
  • 食品流通
  • 共通基盤・先端技術
  • 省エネ
  • 商品陳列棚毎に冷気を吹出す新エアカーテン方式を搭載
  • 業界トップクラスの省エネ
  • 高度な鮮度管理するための庫内温度均一化

スーパーマーケットやコンビニエンスストアは、改正省エネ法の施行に伴い、省エネへの取組み強化が求められています。肉や野菜などを陳列するショーケースは、扉がないため前面開口部から侵入する暖かい外気をエアカーテンで遮断して商品を保冷しています。そのため、遮断性能が省エネに大きく寄与します。

そこで、高精度な気流解析を駆使して、新発想の、陳列棚毎に冷気を吹出してエアカーテンを形成する新しい遮断方式を開発しました。更に、熱流体解析と最適化手法を組合せて循環冷気量を最小化することにより、業界トップクラスの省エネを実現します。

エコマックスSシリーズショーケース

解析結果(風速分布)

キーワード

  • ショーケース
  • エアカーテン
  • 熱流体解析
  • 最適化手法
  • 鉛フリーはんだ 富士電機グループの環境問題への取り組み
Copyright©Fuji Electric Co., Ltd. All Rights Reserved.