富士電機
  • Global
  • 総合サイトマップ
  • 関係会社情報
  • 国内販売ネットワーク
  • 国内拠点

ホーム > 富士電機について > 研究開発 > 研究開発の取り組み > 研究開発テーマ > 無極性直流高電圧配線用遮断器

無極性直流高電圧配線用遮断器

  • 事業部門・生産技術部門
  • 器具
  • 安全・安心
  • 逆接続が可能
  • DC1000Vの全電流領域(1A〜10kA)で遮断が可能
  • 磁石レスの構造

住宅以外の太陽光発電設備では、システムの大容量化に伴い、直流高電圧化が進んでいます。これに伴い、逆方向の電流も安全に遮断できる直流高電圧に対応した無極性ブレーカが求められています。

磁界解析や遮断試験を実施し、最適な構造を検討しました。400AFでは、従来の磁石に替え磁性体を使用してアークを駆動し、アークとグリッドのエアギャップを縮小した構造を開発しました。630AF〜800AFでは、その構造に加え、グリッドの枚数を増やしてアークを駆動し遮断する構造を開発しました。これにより、定格使用電圧、遮断容量、外形寸法は従来品と同一で互換性を持たせながら、直流高電圧ブレーカの無極性化を実現しました。

400AFの改良構造

630-800AFの改良構造

関連製品

キーワード

  • MCCB
  • ブレーカ
  • 直流遮断器
  • 開閉器
  • 直流
  • 無極性
  • 遮断
  • 高電圧
  • アーク
  • グリッド
  • 解析
  • 磁石
  • 磁束
  • 鉛フリーはんだ 富士電機グループの環境問題への取り組み
Copyright©Fuji Electric Co., Ltd. All Rights Reserved.