富士電機
  • Global
  • 総合サイトマップ
  • 関係会社情報
  • 国内販売ネットワーク
  • 国内拠点

ホーム > 富士電機について > 研究開発 > 研究開発の取り組み > 研究開発テーマ > 蒸気発生ヒートポンプ

蒸気発生ヒートポンプ

  • 先端技術研究所
  • パワエレ)エネルギーソリューション
  • 省エネ
  • 自動販売機の開発で培った冷凍サイクル技術を応用
  • 工場などの未利用の温排水から飽和蒸気を生成
  • 蒸気利用設備の直近に分散設置可能な小容量システム

熱の省エネが求められています。工場では100℃未満の温排水は低品質な熱エネルギーとして、有効利用されずにそのまま排出されるケースが多くあります。

富士電機では、自動販売機で培った熱システム技術や熱交換器等の熱コンポーネント技術を応用し、100℃未満の温排水の熱を効率的に回収して120℃の飽和蒸気を生成する小容量(30kW)の排熱回収型の蒸気発生ヒートポンプシステムを開発しました。

本システムは、蒸気利用設備の近くに設置し、配管を短くできるので熱ロスが低減できます。これにより、蒸気ボイラーの燃料を削減し、工場の省エネに貢献することができます。

蒸気発生ヒートポンプ

関連製品

キーワード

  • ヒートポンプ
  • 冷凍
  • 排熱回収
  • 熱機器
  • 鉛フリーはんだ 富士電機グループの環境問題への取り組み
Copyright©Fuji Electric Co., Ltd. All Rights Reserved.