富士電機
  • Global
  • 総合サイトマップ
  • 関係会社情報
  • 国内販売ネットワーク
  • 国内拠点

ホーム > 富士電機について > 研究開発 > 研究開発の取り組み > 研究開発テーマ > 熱処理設備における誘導加熱(IH)技術

熱処理設備における誘導加熱(IH)技術

  • 事業部門・生産技術部門
  • 生産技術
  • 省エネ
  • 銅やアルミなど非磁性体の高効率・高速加熱
  • 真空中・ガス雰囲気中への誘導加熱
  • 電磁界・熱流体解析等によるIHコイル設計技術

誘導加熱(IH)を利用した熱処理設備を開発しています。

電磁界・熱流体シミュレーション技術を駆使して、銅やアルミなど非磁性材料の高効率・高速加熱を実現しています。富士電機内の加熱処理や接合などの製造工程等のプロセス設備へ展開しています。IHを利用した設備は、従来のコンベア雰囲気炉よりも小型(△60%)、低コスト(△50%)、省エネ(△54%)となっています。さらに、IHの優れた温度制御性能により製品品質や生産性が向上します。

誘導加熱装置(従来装置と比較して小型化を実現)

電磁界解析例(鳥瞰図)

電磁界解析例(断面図)

熱流体解析事例(IHコイル冷却および筐体設計)

関連製品

キーワード

  • 生産設備分野
  • 熱処理技術分野
  • 接合装置
  • 鉛フリーはんだ 富士電機グループの環境問題への取り組み
Copyright©Fuji Electric Co., Ltd. All Rights Reserved.