富士電機
  • Global
  • 総合サイトマップ
  • 関係会社情報
  • 国内販売ネットワーク
  • 国内拠点

ホーム > 富士電機について > 研究開発 > 研究開発の取り組み > 研究開発テーマ > パワーエレクトロニクスシミュレーション技術

パワーエレクトロニクスシミュレーション技術

  • イノベーション創出センター
  • パワエレ)エネルギーソリューション
  • 省エネ
  • 連係解析(波形,熱流体,ノイズ)

パワーエレクトロニクス装置の設計において、性能を最大限発揮できるように、デバイス、回路、構造の各設計を連係した開発が重要になります。

富士電機では、シミュレーションを活用した上述の連係開発に取り組んでいます。例えば、スイッチング波形を正確に解析するために物理特性を考慮したデバイスモデルを開発しています。これを熱流体解析やノイズ解析と組み合わせることで、熱、ノイズを試作前に予測できます。

このことで、装置に適した冷却構造やノイズフィルタなどが手戻りなく短期間で開発できます。

デバイスモデル(IGBT)

熱流体解析の例

デバイスモデルを使用した連係開発の概略図

キーワード

  • シミュレーション技術
  • 設計技術
  • デバイス
  • ノイズ
  • 鉛フリーはんだ 富士電機グループの環境問題への取り組み
Copyright©Fuji Electric Co., Ltd. All Rights Reserved.