富士電機
  • Global
  • 総合サイトマップ
  • 関係会社情報
  • 国内販売ネットワーク
  • 国内拠点

ホーム > 富士電機について > 研究開発 > 研究開発の取り組み > 研究開発テーマ > ロボットの知能化

ロボットの知能化

  • 先端技術研究所
  • 共通基盤・先端技術
  • 生産技術
  • 安全・安心
  • 状況認識し、作業を巧みにこなすロボット自律制御
  • 視覚フィードバックによる高精度位置決め制御

近年、普及が進んでいるロボットによる作業の自働化(自働化:機械が人のように考えながら働くという意味)において、現状では、予め決められた動作しかできず、適用範囲は限られています。

そこで、作業者のように、見て、感じ、認識・判断し、状況に応じた行動ができるようにするため、視覚情報、力覚情報等をリアルタイムにフィードバックし、軌道の自動生成や力の自動制御を行うロボット自律制御技術を開発しています。

この技術の開発により、製造ラインの高精度化、高信頼性化、生産性の向上を目指しています。

視覚・力覚フィードバック技術の電子部品の実装工程への適用

キーワード

  • 生産技術
  • 自律制御技術
  • 視覚フィードバック制御
  • 力覚フィードバック制御
  • 鉛フリーはんだ 富士電機グループの環境問題への取り組み
Copyright©Fuji Electric Co., Ltd. All Rights Reserved.