富士電機
  • Global
  • 総合サイトマップ
  • 関係会社情報
  • 国内販売ネットワーク
  • 国内拠点

ホーム > 富士電機について > 研究開発 > 研究開発の取り組み > 研究開発テーマ > 太陽光発電向けSiC搭載1MWパワーコンディショナ

太陽光発電向けSiC搭載1MWパワーコンディショナ

  • 事業部門・生産技術部門
  • パワエレ)エネルギーソリューション
  • 創エネ
  • 同容量クラス最高レベル98.8%の変換効率
  • 低出力含む広範囲(30〜100%)で98.5%以上の効率
  • 小型(500kW機2台と比較して60%の体積)

業界最高レベルの変換効率を実現した昇圧回路つきインバータ方式のパワーコンデショナ(PCS)を開発しました。昇圧回路に次世代パワーデバイスであるSiCダイオード(SBD)、SiCトランジスタ(MOSFET)を採用することにより、昇圧回路の損失を大幅に低減しました。

昇圧回路には83kWユニットを12台搭載した1MWのPCSであり、従来当社機(500kW機2台)と比べ、体積を60%に低減しています。

太陽光発電用屋内自立式1MWパワーコンディショナ

All-SiCモジュールを搭載した83kW昇圧回路ユニット

PCS内部回路における高効率化対策技術

効率カーブ

キーワード

  • 太陽光発電
  • パワーコンディショナ
  • All-SiCモジュール
  • メガソーラー
  • 鉛フリーはんだ 富士電機グループの環境問題への取り組み
Copyright©Fuji Electric Co., Ltd. All Rights Reserved.