富士電機
  • Global
  • 総合サイトマップ
  • 関係会社情報
  • 国内販売ネットワーク
  • 国内拠点

ホーム > 富士電機について > 研究開発 > 研究開発の取り組み > 研究開発テーマ > スイッチング電源用コントロールIC

スイッチング電源用コントロールIC

  • 事業部門・生産技術部門
  • 電子デバイス
  • 省エネ
  • 1コンバータを実現
  • 待機動作時の低電力化と出力電力能力向上を両立
  • 2次側短絡保護精度などの保護機能の改善

ACスイッチング電源用コントロールICは民生・OA・通信機器などの用途で使用され、高効率・小型・低消費電力などが要求されています。

従来は補助電源と入力安定化電源を合わせた3コンバータを必要としましたが、600V保証の回路集積化技術を新規に確立することにより、1コンバータで安定動作する電流共振制御ICを開発しました。このICは独自の制御方式を採用することにより、待機動作時でも大きな負荷電力を出力できるようにしています。

そのため、このICを適用した液晶TVでは、液晶TV搭載のネットワーク機器が待機時でも安定に動作します。

デモボード(表)

デモボード(裏)(赤丸部が本製品)

製品の外観

1コンバータ化

キーワード

  • コントロールIC
  • LLC電流共振
  • 出力電力能力向上
  • 2次側短絡保護
  • 鉛フリーはんだ 富士電機グループの環境問題への取り組み
Copyright©Fuji Electric Co., Ltd. All Rights Reserved.