富士電機
  • Global
  • 総合サイトマップ
  • 関係会社情報
  • 国内販売ネットワーク
  • 国内拠点

ホーム > 富士電機について > 研究開発 > 研究開発の取り組み > 研究開発テーマ > 自立電源型無線センサ

自立電源型無線センサ

  • 先端技術研究所
  • 共通基盤・先端技術
  • パワエレ)インダストリーソリューション
  • 安全・安心
  • 環境振動による発電を活用し無線センサを電池レス化
  • 電池交換不要により、メンテナンスフリー化
  • 省電力なデータ圧縮技術により通信電力の大幅削減

無線センサを活用したIoTやM2Mシステムのポテンシャルは大きいものの、センサへの電源配線や電池交換など電源の供給方法が課題となっています。

そこで、磁歪材料を使った環境振動で発電する技術や通信電力を大幅に削減する省電力なデータ圧縮技術を開発しました。この技術を適用して、電源配線やバッテリ交換が不要なセンサを開発しています。

自立電源型無線センサを用いて社会課題の解決に貢献

活用事例:インフラや工場設備の安全・安心監視

振動発電技術と省電力データ圧縮技術により実現

活用事例:自立電源型回転機故障診断システム

キーワード

  • 無線センサ
  • 環境発電
  • 振動発電
  • データ圧縮技術
  • IoT
  • M2M
  • 鉛フリーはんだ 富士電機グループの環境問題への取り組み
Copyright©Fuji Electric Co., Ltd. All Rights Reserved.