富士電機
  • Global
  • 総合サイトマップ
  • 関係会社情報
  • 国内販売ネットワーク
  • 国内拠点

ホーム > 「エネルギーと環境」で社会に貢献する。風力発電編

風力発電の電力品質を保つ富士電機の電力安定化制御技術。

風力発電の電力品質を支える新しいカタチ。
クリーンエネルギーの中でも、風力発電は電力の出力変動が激しく、電力品質への悪影響が問題となるため、電力安定化装置の設置が必要とされています。
富士電機は、二次電池(蓄電池)の長寿命化による低コスト化・充放電指令値を算出するコントローラの最適化・充放電を制御するインバータの高性能化により、電力安定化制御装置を開発。いま、注目を集めています。
電力安定化制御のしくみ図
風力発電のこれからを支える富士電機の多彩な技術。
風力発電の電力変換装置に用いられるパワー半導体「IGBTモジュール」は、最先端チップの搭載により高信頼かつ高効率で低損失。また、風車の大容量化を支える「大型モータ」や、高効率なモールド変圧器「モルトラ」を用意し、これからの風力発電に新しい技術を提供していきます。
(左)風力発電用IGBTモジュール写真 (右)モールド変圧器「モルトラ」写真
その他のエネルギー発電
地熱発電編
太陽電池編
燃料電池編
その他のテーマ
自動販売機編 輸送ソリューション編 パワー半導体編 急速充電器編 省エネルギー技術編
環境配慮型データセンター編 ショッピングモール編

ページトップへ戻る
Copyright©Fuji Electric Co., Ltd. All Rights Reserved.