富士電機
  • Global
  • 総合サイトマップ
  • グループ情報
  • 総合製品情報

富士電機機器制御株式会社

ホーム > 富士電機機器制御トップ > 会社案内 > 環境・安全への取り組み > 電子情報製品汚染制御管理弁法(中国版RoHS)への対応

電子情報製品汚染制御管理弁法(中国版RoHS)への対応

会社案内

2016年2月16日更新

中国で生産・販売される、あるいは中国に輸入・販売される電子情報製品については、その製品中に含まれる有毒有害物質について情報開示を行う必要があります。この法を、電子情報製品汚染制御管理弁法(以下「管理弁法」)と言い、2007年3月1日より施行されています。

対象電子情報製品:電子情報技術を使用して製造される下記10分類の製品・装置

  1. 電子レーダー製品
  2. 電子通信製品
  3. 放送用テレビ製品
  4. コンピュータ製品
  5. 家庭用電子製品
  6. 電子計測機器
  7. 電子産業専用製品
  8. 電子素子製品
  9. 電子応用製品
  10. 電子材料

詳細は「電子情報製品分類注釈」 を参照してください。

対象物質と限度量

有毒有害物質または元素と限度量
鉛(pb)1,000ppm
水銀(Hg)1,000ppm
カドミウム(Cd)100ppm
六価クロム(Cr(Y))1,000ppm
ポリ臭化ビフェニール (PBB)1,000ppm
ポリ臭化ジフェニールエーテル (PBDE) 1,000ppm

実施要領

第一段階:含有物質に関する表示義務
第二段階:6物質の非含有化と強制認証(CCC)の取得義務
(2007年8月以降に対象製品が公開される予定)

表示義務

  1. 汚染制御マークの表示
    有毒有害物質または元素の限度量の基準以下か、基準を超えるかを指定されたマークにより表示します。
    汚染制御マーク マークの意味 マークの表示方法

    色は緑または目立つ色
    製品中に有毒有害物質または元素を含まないか限度量以下であることを示します。 製品への直接表示か、取扱説明書に表示されます。

    色は橙または目立つ色

    製品中に有毒有害物質または元素を限度量以上含むことを示します。 マーク中央の数値は、製品の環境保護使用期限記号*(年)を示します。

    製品への直接表示か、取扱説明書に表示されます。

    *:環境保護使用期限とは、ユーザの正常な使用条件下で、含有物質が外部に漏れたり突然変異したりせずに、環境に深刻な汚染を引き起こしたり、人体や財産に深刻な損害を与えたりしない期間のことをいいます。上記の例は、その期限が生産後10年ということです。

  2. 含有する有毒有害物質または元素の名称、含有部位の表示
    限度量を超える有毒有害物質を含有する場合は、汚染制御マークのほかに含有する物質名を取扱説明書に表示します。 下記表示例は、製品「ABC」が鉛のみを限度量をこえて含有することを示します。
    部材名称
    有毒有害物質または元素

    (pb)
    水銀
    (Hg)
    カドミウム
    (Cd)
    六価クロム
    (Cr(VI))
    ポリブロモビフェニル
    (PBB)
    ポリブロモジフェニテルエーテル
    (PBDE)
    ABC ×
                 
                 
    ○:当該部材のすべての均質材料中における当該有毒有害物質の含有量がいずれもSJ/T 11363-2006標準に規定する限度量の要求以下であることを表す。
    ×:少なくとも当該部材のある均質材料中における当該有毒有害物質の含有量がSJ/T 11363-2006標準に規定する限度量の要求を上回ることを表す。
  3. 包装物の材質名称表示
    梱包箱に梱包リサイクルマークおよび包装材料名をコードで表示します。
    梱包箱が小さく表示が出来ない場合は、取扱説明書に表示します。
    梱包リサイクルマーク、包装材料コードはGB18455-2001標準に基づきます。

当社の対応

  1. 対象となる製品
    「電子情報製品分類注釈」(和訳資料は(社)電子情報技術産業協会http://www.jeita.or.jp別ウィンドウにて開きますにて販売しています。)に機器名が記載されている製品が対象となります。ただし、電子情報製品・装置を組み立てるために調達される電子情報製品については、製品に対する汚染制御マークの表示義務はありません。(下記の電子業界標準 表示に対する要求の抜粋を参照ください。)表示のない製品の有毒有害物質の含有情報については、弊社販売店、営業部門までお問い合わせください。

    「電子情報製品汚染制御表示に対する要求 4.総則 (抜粋)」
    製品を組み立てるために調達される電子情報製品については、売り手側は提供する製品に対して上記(汚染制御マーク)表示を行わなくてよいが、買い手側に対して表示に必要なすべての情報を提供しなければならない。

  2. 対応製品(クリックすると製品一覧をご覧いただけます。)
  3. 対応製品のご注文について
    • CCC取得品は、形式・仕様末尾に(CCC)を記載してご注文ください。
      例:AR22F0R-11G(CCC)
    • CCC非対象品は、形式・仕様末尾に(CHN)を記載してご注文ください。
      例:HH52P AC100V(CHN)
Get ADOBE® READER

PDFファイルをご覧頂くにはAdobe® Reader 7.0以上が必要です。
バナーのリンク先からダウンロードをお願いいたします。

ピックアップ

電力監視システムソリューションから探す

省エネをはじめるには、何はさておき、まず『見える化』です!

関連情報

ページの先頭へ戻る

Copyright© Fuji Electric FA Components& Systems Co., Ltd. All Rights Reserved.