富士電機
  • Global
  • 総合サイトマップ
  • グループ情報
  • 総合製品情報

富士電機機器制御株式会社

ホーム > 富士電機機器制御トップ > ソリューション・事例 > グリーンデータセンター対応配電・制御機器

グリーンデータセンター対応配電・制御機器

ソリューション・事例
  • データセンター
  • 次世代データセンターに向けて
  • 対応製品一覧
高圧受配電盤
PDU盤(分電盤)
電源システム
幹線配電
電力監視
RP盤(サーバ分電盤)
  • ソリューション概要
  • 電源システム
  • PDU盤(分電盤)
  • 幹線配電
  • 高圧受配電盤
  • RP盤
  • 電力監視

データセンター

サーバーやデータ通信機器を運用するデータセンターなどのIT機器の国内消費電力は日本全体の総電力消費量の約5%以上を占めると言われています。そのデータセンターでは全体の消費電力のうちIT機器の占める割合は50%に過ぎず、残りは空調の電力や電源損出で占められています。
このように電力消費が集中するデータセンターの省エネが近年特に重要視されています。

太陽光発電向け配電・制御機器のみならず、パワーコンディショナ、太陽発電のシステム設計、エンジニアリングまで、富士電機は計画段階から施工、保守・点検まで万全のフルサポート体制を整えています。

PUE

PUE1.2を目指して
データセンターの立地条件にもよりますが、現在PUE2.0→PUE1.5を実現し、iDCファシリティを中心にグリーン化(環境・省エネ・創エネ)に貢献しています。

  • 自然冷熱源の活用
  • 局所空調・CPU直接冷却
  • ハードの高効率化
  • AC200/400V配電・DC配電
  • グリーンエネルギー発電
  • LED照明

PUEが省エネ基準の一つ
サーバの高集積化やクラウド化が進む中、iDCのグリーン化に欠かせないのは、ファシリティ(電源・空調関連)の省エネです。富士電機ではiDCを運用されるお客様の様々な課題を解決していきます。

  • 電力の省エネ:高効率UPS(電源効率98%)
  • 空調の省エネ(熱だまりの解消):全体空調+局所空調
  • 見える化(運用課題の改善):エネルギー監視/分析/制御
  • 新エネルギーの活用(太陽光/燃料電池)

電源システム

データセンターの無停電化のために電源バックアップ設備として非常用発電機やUPS が用いられますが、信頼性の高い電源システムであることが必要です。

電源システムに最適な機器

ACB

Masterpact シリーズ
・最大6300A の低圧回路に適用
・定格遮断容量の最大は150k、400V 配電方式の短絡保護も万全です。
・マイクロロジックコントロールユニットで、上位、下位保護機器との動作協調も容易です。
・AC定格はもちろん、DC定格(最大DC900V)品も用意、データセンタ−直流配電方式にも対応できます。
詳細

PDU盤(分電盤)

PDU 盤(Power Distribution Unit)は、UPS から給電された電力を、コンピュータや通信機などのIT 設備に適合した高品質な電力を配電するためのKファクター仕様トランス、2回線の幹線を切替える高速電源切替装置や遮断器などを組み込んだ低圧分電盤です。

PDU盤(分電盤)に最適な機器

【N 相強化形ブレーカ】
PDUではコンピュータ機器に安定した基準電位を確保する必要から三相4線式の中性線接地方式が採用されるケースがあります。このとき4極ブレーカは、中性相に重畳される高調波電流(最大で定格電流の1.73 倍)で異常発熱、不要動作しない性能が求められます。また、ブレーカの引外し装置がコイルを使用した電磁式の場合、高調波による発熱で不要動作するおそれがあり、熱動‐電磁式または電子式が推奨されます。
・中性線に第3調波最大電流が流れる事象に対応し、N 相の通電電流を電圧相より大きくしています。
定格電流/ 定格通電電流
R,S,T相 / N 相
125A   / 250A
150A   / 250A
225A   / 400A
350A   / 630A
・高調波にも安心な引外し方式(熱動−電磁式)。
・分岐ブレーカ(MMS)との動作協調可能な高インスタント特性

詳細はお問い合わせ下さい
【ZCT 付ブレーカ】
PDU では非接地系の回路方式が採用されるケースもあります。ZCT付ブレーカとF-MPC シリーズの配電監視機器との組合せで、絶縁監視も万全です。
ZCT付ブレーカ
・ブレーカ内蔵のZCT により、回路の漏洩電流をリアルタイムで監視
・G-TWIN シリーズと付属装置が共通
・アンペアフレーム: 125AF〜800AF
F-MPC シリーズ配電監視システム
・1回路用、10回路用をラインアップ
・電力監視に漏洩電流監視機能をプラス、漏電警報も通信可能
詳細

幹線配電

受変電設備からPDU 盤やRP 盤(サーバ分電盤)への配電はケーブルやバスダクトを使って行われます。バスダクトは大容量配電に適しており、負荷の偏りや将来の負荷変動に容易に対応できます。

幹線配電に最適な機器

バスダクト

低圧絶縁バスダクトシステム I-LINEII
データセンターでの高品質、大容量電力の安定供給に最適です。
・プラグイン・ユニットで負荷変動に柔軟に対応
・施工時間の短縮と継ぎ手品質を高める独自の設計
・各種耐震試験により高い耐震性を確保
・800〜5000A のアルミ導体/ 800〜6000A の銅導体
・国際規格UL857, NEMA, ZBK, IEC60439 に対応。JIS 規格準拠。
・世界一の生産量を誇り、世界高層ビルTOP10のうち5棟に使用※(2010年現在)
詳細

高圧受配電盤

高圧受配電盤の保護装置として、真空遮断器(VCB)、ディジタル多機能リレーなど各種保護機器を取り揃えています。

高圧受配電に最適な機器

真空遮断器(VCB)

New-AUTO・V
New-Auto.V は標準形のMULTI.VCB に変流器(CT)を搭載し、過電流などの保護にディジタル多機能リレーを採用した省エネ、省工数が図れる遮断器です。
定格:3.6/7.2kV、400-600A
・ディジタル多機能リレーの採用で機能が充実
・過電流保護に加え、過/不足電圧、地絡保護機能あり
・特性を細かく設定可能で保護協調が容易
・計測機能を標準装備(電流、電圧、力率、周波数など)
・トランスデューサ、通信機能を装備
・ワイドレンジCT により広範囲な設備容量に対応
・過電流に対する信頼性が高い
・主回路結線を大幅に簡素化
詳細

RP盤(サーバ分電盤)

PDU 盤から電力はRP 盤(Remote Panel)に配電されます。RP 盤ではサーバを保護する分岐ブレーカや汎用CTや通信ユニットを組合せて電力監視を行っています。また、データセンターの接地方式には直接接地方式(TN-S接地)と非接地方式(IT 接地)がありますが、それぞれの方式に合わせたブレーカを選定することでより確実にデータセンターを電気事故から守ります。

RP盤(サーバ分電盤)に最適な機器

分岐ブレーカ

RP盤には停電が許されないサーバの増設工事にも簡単に対応できる設置が簡単なプラグインブレーカをお勧めします。

  • プラグインブレーカの母線ピッチは30mm で、コンパクトな盤構成が可能となります。
  • 接地、非接地両方の方式に最適対応できるよう2種類のブレーカを用意しました。

TN-S 接地方式のための分岐ブレーカ

超限流ブレーカ プラグインBM3 シリーズ
N相強化形ブレーカと超限流ブレーカBM3で地絡から短絡事故まで選択遮断により故障回路のみ切り離します。健全なサーバを停めません。
N相強化形ブレーカ

サーバ用分岐負荷監視ユニット

BCPMシリーズ
分岐ブレーカ毎にCTやトランスデューサを取付けた従来形のシステムでは、分電盤のように分岐回路が非常に多い盤の負荷を監視するために、機器を多数使用し、盤のサイズが大きくなり、配線も煩雑です。BCPMは効率的に配置されたCT、その電流データを一枚の基盤に集約する設計により、従来の負荷監視システムより大幅な盤の省スペース化、省配線化が図れます。
・RS-485(Modbus)通信を搭載した分電盤負荷監視用の集合CTユニット。
・サーバラック毎の電流・電力・電力量計測(最大84極)。
・貫通形・分割形の両タイプのCTを用意、新規、既設増設いずれの条件にも対応。
・しきい値設定による警報出力機能を搭載。サーバ増設や容量アップなどによる過負荷状態をいち早く察知し、ブレーカが遮断する前に対処することによる電力供給信頼性向上。

電力監視

データセンターは24時間、週7日稼動を保障する特殊な環境での運用であるため、通常のビルの電源システムよりも高いレベルの電力品質の監視・記録が求められます。また、最近のデータセンターでは受電点、バックアップ発電機、UPSの二次側、PDU盤などの監視・管理と全ての電力系統に起きる変動の記録が求められることもあります。

電力監視に最適な機器

【電力品質監視機器】PowerLogic シリーズ

近年インバーターなどの省エネ設備の導入によりデータセンター施設内で発生する高調波や波形歪みが増え、設備運用上の障害となる可能性があります。したがって従来の受電点の電力監視以外に施設側の電力品質監視強化も必要となります。

電力品質モニタ

ION(アイオン)シリーズ
ION7650/ION7550
・各種電気量のみならず高速サンプリング計測により、瞬低(サグ)、過電圧(スエル)、過渡現象、高次元高調波など、どんな事象も見逃しません。
・常時監視システムにより予測不能な事象も記録します。
・簡易プログラム機能も搭載しています。
詳細

高精度パワーメータ

PM8000パワーメータPM8000 シリーズ
PM8240
・ディスプレイ一体型です。
・波形計測、サグ/スウェル検知、データログ機能付きで高性能です。
・0.2級メータです。
・カラーディスプレイ採用により視認性を向上しています。
・イーサネット通信、RS-485(Modbus)通信、デジタル入出力機能があります。
詳細
パワーメータPM8000 シリーズ
PM8244:本体+リモートディスプレイ
(本体:PM8243、リモートディスプレイ:PM89RD96)
PM8000
・リモートディスプレイ型です。
・波形計測、サグ/スウェル検知、データログ機能付きで高性能です。
・0.2級メータです。
・カラーディスプレイ採用により視認性を向上しています。
・イーサネット通信、RS-485(Modbus)通信、デジタル入出力機能があります。
詳細
パワーメータPM5000 シリーズ
PM5500
・0.2S 級メータです。
・各種電気量を一括計測します。
・RS485(Modbus)通信、デジタル入出力機能、警報機能、ロギングなど様々なシステム構成に対応する製品をラインアップしています。
・液晶画面により、各種電気量のグラフ表示も可能です。
詳細
パワーメータPM5000 シリーズ
PM5300
・0.5S 級メータです。
・各種電気量を一括計測します。
・RS485(Modbus)通信、デジタル入出力機能、警報機能、ロギング など様々なシステム構成に対応する製品をラインアップしています。
詳細
パワーメータPM5000 シリーズ
PM5100
・0.5S 級メータです。
・各種電気量を一括計測します。
・RS485(Modbus)通信、デジタル出力、警報機能を搭載しています。
詳細

データセンターの電源設備の受電から負荷までの状態を一括監視し、電源設備で発生する高調波や過渡現象なども監視します。

ピックアップ

電力監視システムソリューションから探す

省エネをはじめるには、何はさておき、まず『見える化』です!

関連情報

ページの先頭へ戻る

Copyright© Fuji Electric FA Components& Systems Co., Ltd. All Rights Reserved.