富士電機
  • Global
  • 総合サイトマップ
  • グループ情報
  • 総合製品情報

富士電機機器制御株式会社

ホーム > 富士電機機器制御トップ > ソリューション・事例 > 機器と制御盤の安全ソリューション > 機械安全規格について

機械安全規格について

ソリューション・事例

国際規格動向

従来から欧州では、機械の安全性に関する基本概念や設計の原則を規定する安全規格EN292 が幅広く活用されてきました。このEN292 が、国際安全規格化されISO 12100(機械類の安全性-基本概念、設計のための一般原則)として、2003 年に発行されました。

その骨子は、今までの日本に見られたような教育・訓練・マニュアルを重視し災害ゼロを目指すのではなく、機械設備の安全を設計段階から配慮し、規格に示されたリスク低減ための方法論に従い、「設備に安全を造りこむ」ことです。-すなわち、「機械は故障するもの、人は間違いを犯すもの」が前提です。

他に、EN954-1 の国際安全規格化ISO 13849-1(制御システムの安全関連部第一部)やIEC 60204(機械の電気装置)、IEC 61508(電気・電子・プログラマブル電子安全関連の機能安全)など基本となる規格をはじめ、さまざまな国際安全規格が発行されています。

最近これらの規格には、安全関連部に関して、故障率に基づいた信頼性の要求が追加されており、安全に対して、更に進んだ考え方が導入されています。

国内の動向

ISO 12100/ISO 13849 1/IEC 61508 は、それぞれJIS B 9700/JIS B 9705/JIS C 0508 にJIS 化され、その他の国際安全規格も順次JIS 化されています。

まだJISとして発行されていない規格も多数ありますが、今後順次発行されるので注意が必要です。

国内法では、2006 年4 月に労働安全衛生法が改正され、「危険性・有害性等調査および必要な処置の実施の努力義務」が記載されました。

これにより、「機械設備の新規導入または変更時、作業方法や手順を変更した時」などにリスクアセスメントの実施が義務付けられました。

また、JIS B 8433-1(産業用ロボット)、JIS B 8415(工業用燃焼炉)等の個別機械の安全規格のJIS 化も進んでいます。

以上の背景により、今後は、機械設備の設計者・製造者・設置者・運用者は、安全に関する規格や技術動向を常に把握し、安全確保のために最善を尽くす必要があります。

欧州発の安全に対する新しい国際潮流

EC指令(欧州連合の官報),EN規格【機会装置の規格】【電気機器の規格】→ISO 12100の制定 安全対策は全世界の技術動向

*1, *2:ISO規格が制定されて以降、EN292はEN ISO12100(2003年改訂)へ、EN954は EN ISO13849(2006年改訂)へ改訂されています。

安全規格と規制の動向

今までこれから

EC指令に準拠しCEマーキング表示
市場で販売される装置は家庭、職場で安全に使用され、健康に害を及ぼさないこと

EN規格に準拠

  1. EN ISO 12100-1, 2:機械の安全
    基礎概念、設計原則、基礎用語、方法論、技術原則、仕様の規定
  2. EN 60204-1:機械設備の電気機器

EU圏への輸出機械への安全対応

欧州の安全思想の取込み
「日本の機械輸出比率は既に50%超(H20年度:社団法人日本機械工業連合会調査)であり、さらに今後は国内も新しい安全思想の取り込みが進む」

  1. 安全を機械設備に造りこむ
    (機械は故障するもの、人は間違いを犯すもの)
  2. 安全にはコストをかける

国際安全規格ISOやIECの制定

改正労働安全衛生法 第28条の2
危険性・有害性等調査および必要な処置の実施(2006年4月1日付)

厚生労働省労働基準局長通達
(2007年/7月/31日) 機械の包括的な安全基準に関する指針

安全の考え方

安全作業規準・教育に依存からリスク低減方式(事前責任)へ

ピックアップ

電力監視システムソリューションから探す

省エネをはじめるには、何はさておき、まず『見える化』です!

関連情報

ページの先頭へ戻る

Copyright© Fuji Electric FA Components& Systems Co., Ltd. All Rights Reserved.