富士電機
  • Global
  • 総合サイトマップ
  • 関係会社情報
  • 国内販売ネットワーク
  • 国内拠点

ホーム > 設備診断技術

設備診断技術

最新の診断技術を用い設備の信頼性を確保します

私たちはライフサイクルサービスで、お客様に十分満足いただける最適な対策をスピーディに提案していきます。設備診断は、オペレーションや電気工事と全く異なる分野であり、設備診断能力が問われます。

当社のサービスは高い設備診断能力をもってお客様のニーズにお応えします。
設備は構造や欠陥に基づく故障が無くても、長年使用すれば各機能が劣化し、損耗して、遂には機能を果たさなくなって事故に至ったり、環境や使用条件の変化で思わぬ突発事故に結びつく場合があります。設備の中で重要な役割を担っている機器に万一事故が発生しますと貴社の操業計画に重大な問題を引き起こしかねません。

そこで、近年においては設備の信頼性確保が強く求められてきており、予防保全の推進と信頼性向上対策が重要な役割を担っています。当社では、操業以来蓄積した技術と経験並びに、最新技術を駆使し、貴社設備の予防保全・リフレッシュのお手伝いをさせていただきたいと考えています。

回転機・発電機の設備診断技術

ライフサイクルサービス

富士電機FAサービス(株)は、ライフサイクルサービスを構築しており、予防保全の履歴データがいつでも検索できるシステムになっています。

機械稼働中のラインにおいて、運転状態のモータ(AC、DC)の軸受け診断、ブラシ点検、外観検査を行い、モータの健康状態を診断いたします。

診断記録はパソコンで管理しますので診断後のカルテ(報告書)は作成が容易です。定期点検を行うことにより、機械設備ごとにモータの履歴管理ができ、突発的な故障を未然に防止する事ができます。このシステムは点検台数の多い工場に最適です。当社はライフサイクルサービスで貴社のニーズにお応えします。

高圧回転機余寿命診断サービス

電動機や発電機などの回転機の巻線は人にたとえれば心臓にあたり、その多くは絶縁破壊を以て寿命と判断されます。このように巻線の絶縁は回転機にとってもっとも重要なものです。電気学会でまとめた高圧電動機の事故統計結果によれば運転開始後10年を経過すると絶縁劣化を主因とする事故が増加し始め20年後には寿命域に入るといわれています。

絶縁事故は突発的に起こり、通常、ダメージが大きく短時間での復旧は困難です。定期的な絶縁診断を実施し、絶縁劣化状態を定量的に把握することが大切です。わたしたちは回転機専用の絶縁診断車により、国内全域にわたり効率的かつ経済的な診断を提供いたします。

無線型回転機振動診断システム

回転機の異常兆候を発見するためには回転機の振動を解析することが有効とされています。

Wiserotは、業界初の無線方式による回転機振動診断システムで、回転機の振動監視に最適な診断を提供します。

各現場のモータに取り付けた振動センサにより無線でパソコンに取り込まれたデータは、診断解析ソフトにより、高周波振動解析、低周波振動解析結果から、しきい値簡易判定、振動傾向管理、FFT解析等を行ない軸受異常、回転体振動異常等の傾向を把握します。

これにより、保守作業が困難な悪環境(危険箇所など)での傾向監視が可能になります。

  • 回転機一般で、600~3600min-1が対象です。
  • 本体の機械的な振動と軸受部の振動監視が可能です。
  • 取付けが簡単で配線不要のため、既存設備への適用が容易です。
  • 1つの無線振動センサで、診断に必要な広範囲の周波数振動を測定可能です。
  • 診断解析PCにて傾向監視・FFTスペクトル解析を行います。

インバータ・PLCの設備診断技術

インバータ余寿命簡易診断システム

余寿命簡易診断システムは、汎用パソコン上にインストールされた診断ソフトを用い、汎用インバータの機種や使用環境、運転条件を反映させ、現場で装置を停止することなく、運転したままで迅速に有寿命部品(主回路及びプリント基板電解コンデンサ、冷却ファン)の余寿命を診断・提示するシステムです。

弊社各サービス拠点のCEが、現場にお伺いし診断いたします。(20セット/日程度の診断が可能)

診断システムの特長

  • 1. 運転したままで診断可能
  • 2. 機種や温度・運転条件を反映させた診断が可能
  • 3. 交換推奨時期を算出した診断結果がその場で判明

※インバータ機種・容量などに制約がありますので、詳細は最寄りのサービス拠点までお問合せ願います。

環境劣化診断システム

インバータの構成部品プリント基板の配線パターンは腐食性ガスにより減肉し、配線インピーダンスが増加し電気的故障を引き起こします。これを予知するため、設置環境におけるガス濃度・温度・運用状況などを把握し、環境測定キットによるガス分析完了後、得られたデータをパソコンへ入力することにより、下記のメカニズムにより寿命に至る時期を予測します。

1. 腐食から誤動作に至るメカニズムの解明
腐食性ガスによる腐食減肉からの配線インピーダンス増加による信号伝達不良を論理的仮説を実験により検証
2. 塵埃から誤動作に至るメカニズムの解明
塵埃堆積からの絶縁インピーダンス低下による信号伝達不良を論理的仮説を実験により検証

ページの先頭へ戻る