環境方針について

1.基本理念

富士アイティ株式会社は、富士電機グループとして定めた「環境保護基本方針」に基づき、“環境経営推進で、持続的に発展する循環型社会への貢献”をスローガンとして、地球環境保護に重点を置いた企業活動の推進によって、社会の発展に貢献します。

2.基本方針

私たちは自らの活動において、企業の社会的責任の重要性を認識し、地球環境保護への取り組みを経営の重要課題の一つと位置付け、持続可能な循環型社会を実現し、地球社会の良き企業市民として、環境保全に重点を置き、地域・顧客・パートナーとの信頼関係を深め、環境企業として下記の基本方針に基づき環境保全活動を遂行します。

(1)富士アイティ株式会社の全部門及び全階層で環境保全活動を遂行し、環境汚染の予防に努めます。

(2)事業活動、製品及びサービスが環境に与える影響を的確に捉え、技術的、経済的に可能な範囲で環境目的・環境目標を定め、見直しを行い、パフォーマンス及び環境マネジメントシステムの継続的な向上に努め、積極的な環境保全活動を遂行します。

(3)富士アイティ株式会社に関わる環境関連法規制、及び富士アイティ株式会社が同意するその他の要求事項を順守します。

(4)環境目的・環境目標を設定、見直す枠組みとして重点施策を掲げ環境保全活動を遂行します。

3.重点施策

環境方針に基づく環境保全活動において、以下の項目を重点施策とし、それぞれに環境目的・環境目標及びその達成の為の実施計画を定めて取り組みます。

(1)環境教育を実施し、全従業員の環境に対する理解を深め環境経営推進活動の意識向上を図ります。

(2)事業活動によって消費する資源(原油・木材)の削減を図ります。

(3)廃棄物の削減及び分別・リサイクルを推進します。

(4)取引先様との連携を強化し、グリーン調達・グリーン購入を推進します。

(5)地球環境保護に貢献する製品・技術の提供を推進します。

この環境方針は、富士アイティ株式会社の全員へ周知・徹底を図り、実施・維持します。又富士アイティ株式会社の為に働く人々への伝達と、協力要請を図り、かつ外部の方々の要求に応じて容易に入手できるようにします。

以 上

2017年4月1日
富士アイティ株式会社
代表取締役社長 竹村 悦郎