舞台機構制御システム

稼働するのは"観客の視線の中で"という運用特性を考慮。静かな音、滑らかな動きで感動のステージを演出

舞台演出家の多様なニーズに対応

劇場やホールにおける吊物機構と床機構の昇降、走行を行うシステムです。富士アイティではパソコンとプログラマブルロジカルコントローラ(PLC)を組み合わせ、高機能な舞台機構制御システムを構築。高精度な位置決め機能と単独運転・グループ運転・シーン運転機能およびメモリ運転機能により、安定した繰り返し運転を実現できます。

butai_img_01.jpg

舞台機構に不可欠な美しさ・静かさも考慮

舞台では、当然のことながら公演中に機構を動かします。観客のことを考えると、昇降・走行の際の見た目の美しさも重要になります。また、機器からの音が公演を邪魔するようなことがあってはなりません。当システムはそれらの点にも十分配慮し、インバータを用いて各機構をなめらかに停止。さらに、機器から発生する騒音を抑え低騒音化した操作卓を採用しています。

万が一に備えたバックアップ体制も万全

万一の事態に備え、メインコンピュータにトラブルが発生しても公演が中断されることがないよう二重三重のバックアップシステムを備えています。さらに定期点検を実施し、経年劣化機器の保全計画を立案。長期に亘り舞台装置を安心してお使いいただけるよう努めています。

butai_img_05.jpg
■操作卓

舞台の環境に合わせて操作ボタンと画面を機能的に配置。設定や操作がとても容易で、機構の動きが一目で把握できます。仕様をご提案させていただく際には、実際に現場で操作・運用をされる方のご意見を詳しくお聞きし、そのニーズを反映させることにも重点を置いています。

butai_img_06.jpg
■制御盤

舞台機構を制御するための電気機器を収納する制御盤は、高調波や電波ノイズなどの環境対策、騒音対策、メンテナンス性が配慮されています。 

butai_img_07.jpg
■リモート操作

危険な作業を避けるため、機構の動きを目で見ながら現場で操作する機能を備えています。

豊富な経験と高い技術力にもご注目を

富士アイティは、経験が大きなウェイトを占める舞台業界に20年以上携わり続け、多くの導入実績を誇っています。また、本システムに必要なモーター、インバータ、コンピューター、操作卓などの主要機器はすべて富士電機グループ製。そのため、それぞれの舞台環境に合わせたオーダーメイドのシステムを開発できます。また、メンテナンスやお問い合わせなどにも迅速に対応できます。