スタジオ装置制御システム

テレビに求められる”斬新さ”を懸架装置でお手伝い。低コスト&ハイクオリティをエンベデッド技術で実現

安全性、信頼性、機能性のすべてを満たします

テレビ局のスタジオ演出照明の昇降および美術セットの昇降を行うシステムです。富士アイティでは、プログラマブルコントローラ(PLC)を用いて高機能なシステムを構築。安全・確実な機能性と高い信頼性を備えています。

エンべデッド技術によりコストを低減

本システムには、富士アイティが最も得意とする「エンべデッド技術」が用いられています。それが「LODIO ACE(登録商標)」で、業界初のイーサネット通信による懸架装置の昇降制御を可能にしました。これをシステムに組み込むことにより、さまざまな付加価値が生まれます。その代表的なものが、機電一体化による「工事費の低減」「工期の短縮」「試運転コストの低減」「省スペース」です。従来のシステムでは2000本近いケーブルがわずか200本程度に、10数面の制御盤がたったの2面になるなど、その違いは見た目にも明らかです。

studiokenka_img_01.gif

多彩な機能で番組特性に合わせた運転が可能

時間をムダなく効率的に、仕込み、本番、撤収を行うことが求められるスタジオ。その点を考慮し、単独運転はもちろんのこと、グループ運転、シーン再生、位置決制御(APC)、寸動/連続切替、連動運転、微調整運転、バックアップ運転などの多彩な機能を搭載しています。

二重三重のバックアップで万一の時も安心

万一の事態に備え、メインコンピュータにトラブルが発生しても運転が停止することがないよう、二重三重のバックアップシステムを備えています。さらに定期点検を実施し、経年劣化機器の保全計画を立案。長期に亘り安心してお使いいただけるよう努めています。

20年以上の実績を基に斬新なアイデアをご提案

富士アイティは数多くのスタジオに導入実績があります。その経験を基に、新しい技術開発に次々とチャレンジし、テレビ番組にふさわしいエンターテインメント性あふれるスタジオづくりをご提案いたします。また、本システムに必要な機器はすべて富士電機グループ製で、システムを自社で開発。そのため、パッケージ化されたものではなく、それぞれのスタジオ環境に合わせたオーダーメイドのシステムをご提供できます。

お客様導入事例レポート