配合飼料工場監視制御システム

工場に合わせて構築するオーダーメイドシステム
省力化、オペレーター業務の低減にも貢献

原料受入から製品出荷まで、全工程を一元管理&自動制御

原料の受入から粉砕・配合、製品出荷まで、工場におけるすべての工程を一元管理・自動制御するシステムです。昨今の鳥インフルエンザやBSEなどの問題から、食品と同じように配合飼料においてもトレサビリティ(生産の履歴)が重要になってきています。また、環境という側面からは、省エネなどに配慮することが求められています。これらの課題解決に貢献するのが本システムです。


haigou_img_02.jpg

オペレーター業務を低減、フレキシブルな生産方式を実現

工程を自動化することで、省力化はもちろんのことオペレーター業務も低減することができます。また、本システムはパッケージ化されているものではなく、お客様のご要望を細部までくみ取りながらつくりあげていくものです。そのため、多様なニーズや環境に対応でき、フレキシブルな生産方式が実現できます。また、新設工場だけでなく既存工場にも対応いたします。

システム切替工事もスムーズ

24時間・365日稼働し続ける工場では、操業をストップさせることは一切あってはなりません。そこで、既存の工場にシステムを導入される場合、操業に影響することなくスムーズな切替工事を行います。設備の増設や変更の際も対応させていただきますので、お気軽にお問い合わせください。

経験豊富な専門スタッフが全面的にサポート

富士アイティは、配合飼料工場のシステム開発・導入に15年以上携わり続け、豊富な実績を有しています。社内には専門のグループがあり、導入に際しては配合飼料工場に精通したスタッフが全面的にサポートさせていただきます。基本的には、お客様との打ち合わせから企画、ご提案、導入、メンテナンスまで同一スタッフが担当させていただきます。そのため、お客様のご要望を的確に捉えることができ、杓子定規ではないオーダーメイドの工場づくりをお手伝いさせていただけていると自負しております。富士アイティの技術力はもちろんのこと、このような「人」力もぜひ、お役立てください。