【導入事例】医用画像管理システム
医療法人社団三思会 東邦病院様

オンタイムの診療と、わかり易い情報開示により
患者様にご納得頂ける医療サービスを実現

医用画像ファイリングシステム J-Medical 7 Fit-View

pacs_img_01.jpg

患者様へ、より安心で信頼できる医療を提供するために

pacs_img_02.jpg
昭和52年、東毛地域の中核都市である桐生市近郊に開院した東邦病院。医療活動を通じた社会貢献をコンセプトに、一貫して地域医療サービスの向上に取り組んでいる。

医療法人社団三思会東邦病院は、昭和52年、群馬県みどり市に開院。一般病床180床、療養病床178床、介護100床を備え、地域のニーズに合ったケアミックス型の医療を展開するとともに、人間ドック8床、透析台数89台も設置。開院以来、地域社会と密接に連携しながら、一貫して地域医療サービスの向上を目指し医療活動を行っている。その内容は、院内各施設における診療、看護、検査、介護、リハビリテーションといった医療ケア活動を中心に、急速な高齢化に伴う状況にもきめ細やかな対応を実施。そして、「今後はインフォームドコンセントなどの情報開示をさらに推し進め、より患者様の立場に立った安心・信頼できる医療を提供していきたい」という医師をはじめとする病院スタッフの思いが、『医用画像ファイリングシステム J-Medical 7 Fit-View』の導入につながった。

過去画像との比較を容易にするため、データの蓄積からスタート

「高度で、かつ、わかりやすい医療を提供するためには、情報システムの導入は必須と考えました」と語るのは、情報システム課課長の下山克典様。院内のIT化による診療の充実と、経営の効率化を進める役割を担っている。「以前はフィルムの保管スペースが不足していて、管理業務に手間がかかっていました。また、検査レポートが手書きのため読みにくい、過去のフィルムの検索・搬送作業に時間がかかる、フィルムコストの負担、現像に時間がかかってすぐに確認できない、内視鏡検査室の患者様参照用のモニタが小さく見にくいなど、さまざまな問題点がありました。そこで、院内情報化の第一ステップとして、平成16年に部分的フィルムレスをスタートさせたのです」。
 まず、検査画像のデータの蓄積から始めることを決め、約1年、画像サーバにデータを蓄積しながら診療はフィルムで行った。画像の精度に不安を持つ医師もいたが、高精細モニタを見て納得。平成17年に院内全体をフィルムレス化する前には、半年ほどフィルムと画像の併用期間を設けたが、この時期からほとんどの医師が画像を使用していたという。そして、完全フィルムレス化の際には、その時に撮影した画像ばかりでなく、平成16年から蓄積したものも『医用画像ファイリングシステム J-Medical 7 Fit-View』にて確認が可能に。つまり、過去画像との比較が容易になったというわけだ。この段階的導入について、下山様は、「医師に違和感なくシステムを受け入れてもらえたのは、富士アイティの提案が当院の要望をきちんと反映させたものだったからです。段階的に運用を始めたことで、医師がシステムに慣れる時間を十分にとることができました。また、データ蓄積期間を設けることで、過去画像との比較が容易にでき、システムのメリットを、初めから享受することができました」。

pacs_img_03.jpg
「情報システムは、人間のチームワークによって完成されるもの。富士アイティは当院の要望を十分に反映させ、オーダーメイドのシステムを構築してくれました」(情報システム課課長・下山克典様)
pacs_img_04.jpg
検索機能、画像表示機能ともに、初めての方でも直感的に使いやすい表示。心胸郭比・多点計測、非接触角度計測など多彩なビュワー機能も搭載。

待ち時間の短縮をはじめ、患者様へのサービス向上を実感

完全フィルムレス化から2年以上が経過した東邦病院。その現状と感想を、現場の医師に聞いてみた。まずは、院長の佐野潔様。「一番に良かったと思う点は、現像の手間がゼロになったため、患者様をお待たせすることがなくなったこと。放射線科で撮影後、すぐ診療科のモニターで写真をご確認いただけます。以前は、外来のアンケートで“待ち時間が長い”というご意見をいただいたこともあり、大変心苦しく感じていたのですが、現在は、その速さに患者様自身が驚かれることもあるほど。一つのモニターを患者様と一緒に見ながらのご説明なので、フィルムに比べて患者様と近くでお話ができるようにもなり、ご好評をいただいております」。また、職員の負担も激減したという。「保管場所からフィルムを探し出し、診療科や診察室へ持って来るという手間がなくなりました。いろいろな面で時間短縮が実現できたと同時に、ケアレスミスもなくなりました」。佐野院長は、何より、患者様に対するサービスの向上を実感している。

フィルム保管スペースや、フィルムを探す手間もゼロに

副院長の竹内宏明様は、画像そのもののメリットを強調する。「モニターさえあれば、今の画像も過去の画像も、それから他院で撮影した写真も見ることができます。また、診察室でも病棟でも、同じ写真を見ることができます。外科で撮影した胸部写真と内科で撮影した胸部写真というように、一人の患者様に対して同じ写真が複数存在するということもなくなりました。患者様に対しても、高精細モニタの鮮明な画像によって説明の際に納得していただきやすくなりました。患者様へのサービス向上と、フィルムの整理や配送にかかる職員の数を考えると、導入費は大きな出費ではないと思います」。放射線科の技師長、中山正人様も、画像確認の利便性をこう続ける。「長期療養の場合は、入院中に同じ患者様を何度も撮影することがあり、医師が見たい写真がどれなのかすぐに選別できないことがありました。でも、今は、医師がモニター上で見たい画像を自分で選択できるようになり、写真を探す時間も短縮されました。診療科が変わっても、再入院されても、一人の患者様の同じデータをどこでも見ることができる点も便利ですね」。また、月2000~3000枚という膨大な数のフィルム保管スペースと、保管期限が過ぎたフィルムの処分が不要になった点も大きな変化。以前、保管スペースだった場所は現在、診察室となり、そのことも患者様の待ち時間短縮につながっている。

pacs_img_05.jpg
「患者様には放射線科で撮影後、すぐ診療科に戻っていただき診療を行えるようになりました」(院長・佐野潔様)
pacs_img_06.jpg
「想定していた内容と運用後のギャップはありません。もう、フィルムには戻れませんね」(副院長・竹内宏明様)
pacs_img_07.jpg
「CTの場合、100~200枚を保管できるようになりました。連続写真のように見ることも簡単にできます」(放射線科技師長・中山正人様)

診療報酬でも評価。導入が期待される「フィルムレス加算」

「フィルムレス加算」とは、胸部のX線撮影やCT・MRIなどの撮影画像を印刷せずに、モニターを見て診断する「フィルムレス化」を進めるため、2008年度の診療報酬改定で「フィルムレスによる画像診断」を診療報酬で評価し、従来の「デジタル映像化処理加算」を廃止するという厚生労働省の方針。地球環境への配慮を目的としたものである。これは2007年10月31日の中央社会保険医療協議会・基本問題小委員会において提示され、時期は定かではないが導入確実と言われている。そうなれば、当然、従来のデジタル映像化に関する費用は一切、診療報酬として認められなくなる。すでに完全フィルムレス化を実現させている東邦病院では、「フィルムレス加算」スタート時から診療報酬が認められる。
 東邦病院では将来、関連施設と連携し、相互に画像を見られるようシステムの拡張を図りたいという。さらに、医師会の中でも情報共有ができるようになれば、さらなる安心・信頼の医療を構築できると、医師をはじめ、スタッフ全員が『医用画像ファイリングシステム J-Medical 7 Fit-View』の可能性に期待を寄せている。

pacs_img_08.jpg
データを管理するサーバ。膨大なフィルムを保管していたスペースは現在、診療室に。
pacs_img_09.jpg
画面上で部位のズームアップなどができるので、フィルムのように再撮影することなく、医師が必要とする画像を作り出すことができるようになった。

(取材日:2007年11月13日)

医療法人社団三思会 東邦病院
  • 所在地 〒379-2311 群馬県みどり市笠懸町阿左美1155
  • TEL 0277-76-6311
  • FAX 0277-76-6763
  • URL http://www.toho-hp.jp/

各システムのさらに詳しい情報は