城西川越中学校・城西大学付属川越高等学校様

ICT支援員
ICT支援員城西川越中学校・城西大学付属川越高等学校
ICT環境とICT支援員の活用により、魅力的な授業と生徒の意欲向上を実現

MISSION
目的

ICTを活用した教育環境づくりとアクティブ・ラーニング促進のために

城西川越中学校・城西大学付属川越高等学校様は、自然に囲まれた環境の中で生徒たちが勉学に、部活動に励む、埼玉県有数の私立進学校です。自分の目標を自分の言葉で伝えられる自主・自立の人間を育成することを目標に掲げる同校は、他校の状況や様子をうかがいながら進める学校が多い中、先駆けてオフコンで成績処理を行うなど、情報技術にも積極的。そして今回、2020年の大学入試改革を受け、ICTを活用した教育環境づくりに取り組みました。アクティブ・ラーニング促進のために、電子黒板とタブレットを連携させた環境を構想。様々なベンダーからの提案を受けましたが、運用まで見据えた総合的な提案と、ICT支援員という人的サポートがある点を高く評価して、富士電機ITソリューションを選択されました。
ICTを活用した授業は、まず中学にて開始され、すぐに高校にも拡大。英語の授業にもっとも活用されており、担当の先生も生徒の英語力向上を実感されています。また、他の教科でも活用が進み、学校全体として、生徒の学習意欲向上に手応えを感じています。

生徒たちの勉強に向かう姿勢、
アクティブ・ラーニングに
間違いなく効果が上がっています。

城西川越中学校・城西大学付属川越高等学校 校長
田部井 勇二 氏

当校は、先生の平均年齢が38.5歳と若いこともあり、自前のタブレットを使って教材を作ったり、授業に使ったりと、コンピュータを抵抗なく使っている教員が多くいます。そのため、今回のICT活用も積極的でした。そこで、他の教員に先行して情報収集を任せていた金井を中心に、各教科から委員を出して、ICT委員会を発足。導入から運営、啓蒙まで、すべてを任せました。現在、進度の差はあれ、各教科で活用されていますが、ICT支援員の存在は、授業を円滑に進めるうえで、学内での活用を広めていくうえで、非常に役立っています。また、オープンスクールには必ず来てもらい、本校のICT教育を体験できる環境づくりをサポートしていただいています。ICTを活用した新しい授業スタイルが、生徒の成績向上や大学入試の結果につながるかは、今後の運営次第ですが、確実に言えるのは、生徒たちの勉強に向かう姿勢、アクティブ・ラーニングには間違いなく効果があがっているということです。

RESULT
結果

教材準備や授業進行を先生の側で支えるICT支援員が、ICT活用の効果向上に貢献

  1. 1

    ICTを活用した授業に効果を実感

    「ICTを一番活用しているのは、英語教育です。聞いて話す、見て話すという即時反応をタブレットや電子黒板を活用して行うことで、生徒の英語力向上を実感しています。また、お互いの意見を見合うペアワークだけでなく、その結果を、一瞬で、クラス全員でシェアできるのも、アクティブ・ラーニングの観点から効果的だと思います。」

    城西川越中学校・城西大学付属川越高等学校 教諭
    金井 圭介 氏
    授業イメージ
  2. 2

    授業の狙いを理解して、ICTの活用法を提案

    「ICT支援員には、機器の使い方を問うのではなく、こういう授業をしたいのだが、どうしたら良いかという相談の仕方をし、お互いの意見をふくらませていっています。例えば、パワーポイントはこんな風に作って、知恵たま(授業支援ツール)はこう使って、と提案をしてくれます。こちらからもアイデアを出し、詳細を詰めて授業を行うと、ほとんどの場合、上手くいきますね。」

    授業中の様子
  3. 3

    流れを止めない操作支援で、先生は授業に専念

    「生徒にはICTに関する個人差があり、お互いに教え合っていますが、そこにもICT支援員の存在は大きいですね。操作に戸惑っている生徒を後ろからさりげなく手伝ってくれるので、教師は生徒の操作を気にせず授業に専念できます。おかげで、授業の流れを止めることなく、一体感をもったまま進められるのです。」

    ICT支援員からのサポートイメージ
  4. 4

    ICT教育の拡充・進化のために、新たな提案を

    授業イメージ

    「ICTを活用した教育環境は整いましたが、まだまだ学内の啓蒙は広がっておらず、せっかくのツールも使いこなせていません。本校をICTで進化させていくためには、富士電機ITソリューションには、今後も垣根なしに新しい提案、新しい情報提供をお願いしたいですね。」

この事例に関する
お問い合わせはこちら

ICT支援員に関するお問い合わせ

導入学校・学科

校名 城西川越中学校・城西大学付属川越高等学校
開校 中学校:1992年(平成4年)、高等学校:1972年(昭和47年)
生徒数 中学校:174名、高等学校:768名(平成27年度現在)
自然に囲まれた学校周辺の環境

ICT支援員

児童生徒の興味・関心・意欲を引き出す「学び」をトータルでサポートいたします。
富士電機ITソリューションでは、学校専門のスタッフ「スクールアシスタント」が教育現場のご支援をいたします。

導入製品

  • FUJITSU Tablet ARROWS Tab Q584/H
  • FUJITSU 文教ソリューション K-12 学習情報活用 知恵たま
  • FUJITSU 文教ソリューション K-12 協働学習支援 マーナビケーション
  • FUJITSU Server PRIMERGY TX1330 M1

KEY POINTS

  • 機器の操作方法だけでなく、授業の狙いを理解して、ICTの活用法を提案します。
  • 流れを止めない操作支援で、先生方は授業に専念していただけます。

お客様情報

お客様名 城西川越中学校・城西大学付属川越高等学校
ホームページ
  • スクールアシスタント(登録番号 第5544387号)は当社の登録商標です。
  • その他記載の会社名および商品名は、一般に各社の商標または登録商標です。™、®マークの表記は、省略しているものもあります。

関連ソリューション・サービス

事例一覧

この事例に関する
お問い合わせはこちら

ICT支援員に関するお問い合わせ