富士電機

  • Global
  • 総合サイトマップ
  • 関係会社情報
  • 国内販売ネットワーク
  • 国内拠点

FAQ

FBS-Premiumとは?

FBS-Premiumとは、我々の周りに普通に存在するバチルス菌と呼ばれる微生物です。
一般的に無毒無害とされますが、弊社が取り扱うバチルス菌は、遺伝子解析により毒性のない安全な菌であることを確認しておりますので、安心してご利用いただけます。

他社のバチルス菌とはどこが違うの?

数百種類あるとされるバチルス菌の中でも、特に排水処理性能に優れた選りすぐりの菌を単離して利用しています。
特別に調製したFBS-Support(活性剤(栄養))を毎日添加することで、バチルス菌の菌数、活性を維持し、安定した排水処理を実現します。

FBS-Premium(バチルス菌)導入のメリットは?

汚泥量の削減、ブロワ電気代の削減といった排水処理のコスト削減効果が得られます。
処理水質の安定化や悪臭抑制といった効果も得られます。

汚泥削減には、他にどういった技術があるの?

薬品や熱、機械などを用いて汚泥を易分解化(微生物が分解しやすい状態)するのが一般的ですが、イニシャル/ランニングコストが増加します。
一方FBS-Premiumシステムでは、バチルス菌が発生する酵素で汚泥を易分解化しますので、コスト増加はわずかで、環境への負荷も低くて済みます。

処理水質向上や排水量増加への対応には、他にどういった技術があるの?

前処理施設の追加や曝気槽の増設といった方法がありますが、多額の設備投資が必要になります。
一方FBS-Premiumシステムでは、既設の排水処理施設をそのまま利用できますので、設備投資の抑制が可能です。

悪臭対策や、汚泥沈降性向上には、他にどういった技術があるの?

薬品の使用が一般的ですが、ランニングコストの増加につながります。
一方FBS-Premiumシステムでは、活性剤費用が必要ですが、上記に比べると安価です。

自社の排水処理施設に適用できるか知りたいのだが?

基本的に生物処理プロセスがあれば、導入可能です。
詳しくは、お問い合わせフォーム よりお問い合わせ下さい。

排水処理場の新設を考えているのだが?

新設への適用も可能です。
通常より小型な施設(省スペース化による投資コスト抑制)のご提案が可能です。

バチルス菌の追加は必要ないの?

投入は初期の1回だけで、追加は不要です(FBS-Support(活性剤)により生物反応槽内にバチルス菌を定着させます)。

FBS-Support(活性剤)はいつ添加するの?

バチルス菌を生物反応槽内に定着させ、処理性能を維持するため、毎日の投入をお願いしております。
自動投入装置のご提案も可能です。

活性剤の添加を忘れるとどうなるの?

バチルス菌の数が徐々に減少し、様々な導入効果が得られなくなります。
活性剤の添加を再開することで、バチルス菌の数は徐々に回復します。

ページの先頭へ戻る