富士電機
  • Global
  • 総合サイトマップ
  • 関係会社情報
  • 国内販売ネットワーク
  • 国内拠点

適用例(1)

適用例
概要
詳細
圧延操業支援

圧延設備において、バックアップロールのロール偏芯があると、圧延材料の仕上り品質が低下します。板厚指令と板厚偏差、または圧延荷重を f(s)NISDAS-x にてデータ収集しFFT解析することにより、ロール偏芯を確認することができます。

PDF
電源系統データ収集

工場または、設備の電源系統の状態データ(電圧、電流、電力量、ガス圧力、温度 等)を、f(s)NISDAS-xにてデータ収集及び監視することで、保全効率の向上、保全体制の省力化を図ることができます。

PDF
エネルギー効率的運用のためのデータ収集

効率的なエネルギー運用を行うために、1年間のエネルギー関連データと設備運転状態データを収集し、その収集したデータを基にデータ解析を行うことで、エネルギー需要予測や、運転計画を立てることが可能となります。
f(s)NISDAS-x は、長期に渡って多数のプラントデータの収集が可能です。

PDF
機械振動解析

機械振動とは,構造物や機械が必ず持っている現象です。
機械振動は機械寿命を短くし,最終的には機械破損を引き起こします。早期に機械振動現象をみつけて,制振処理を施すことが機械寿命を延ばすことにつながります。
f(s)NISDAS-xでは、機械振動現象をとらえる為に、電動機の電流値やトルク値、または加速度センサの検出値をFFT解析し、振動周波数成分を出力します。

PDF
マニピュレータ動作データ収集

マニピュレータを3次元にスムーズに動作させるには、各サーボモータの速度応答を等しく合わせることが必要となります。サーボモータを調整する時、f(s)NISDAS-x のボード線図表示機能を利用して、各サーボモータの速度応答を調整することができます。

PDF