富士電機

  • Global
  • 総合サイトマップ
  • 関係会社情報
  • 国内販売ネットワーク
  • 国内拠点

複数の周波数(20Hzと30Hz等)で運転がしたいのですが,どうしたらいいですか?

ご質問

複数の周波数(20Hzと30Hz等)で運転がしたいのですが,どうしたらいいですか?

回答

多段周波数をご使用ください。

なお,多段周波数の設定の際にF01(周波数設定1)の設定は必ずしも必要ではございません。

(多段周波数設定が他の周波数設定より優先されます。)

1.eコード設定

e01(端子【X1】(機能選択)) ~ E05(端子【X5】(機能選択)),E98(端子【FWD】(機能選択)),E99(端子【REV】(機能選択))に多段周波数機能(『SS1』,『SS2』,『SS4』,『SS8』)を割り付けてください。

2.cコード設定

c05(多段周波数1) ~ c19 (多段周波数15)に多段周波数で使用したい周波数を設定してください。
周波数の入力範囲は0.00500.0[Hz]です。

3. 多段周波数の組み合わせ設定

上記1と2を設定することにより,下表に従った多段周波数を使用することが可能になります(多段周波数による設定周波数の変更は『SS1』,『SS2』,『SS4』,『SS8』のON/OFFを切り替えることにより行います)。

『SS8』 『SS4』 『SS2』 『SS1』 選択する周波数
OFF OFF OFF OFF 多段周波数以外
OFF OFF OFF ON C05 (多段周波数1)
OFF OFF ON OFF C06 (多段周波数2)
OFF OFF ON ON C07 (多段周波数3)
OFF ON OFF OFF C08 (多段周波数4)
OFF ON OFF ON C09 (多段周波数5)
OFF ON ON OFF C10 (多段周波数6)
OFF ON ON ON C11 (多段周波数7)
ON OFF OFF OFF C12 (多段周波数8)
ON OFF OFF ON C13 (多段周波数9)
ON OFF ON OFF C14 (多段周波数10)
ON OFF ON ON C15 (多段周波数11)
ON ON OFF OFF C16 (多段周波数12)
ON ON OFF ON C17 (多段周波数13)
ON ON ON OFF C18 (多段周波数14)
ON ON ON ON C19 (多段周波数15)

* 「多段周波数以外」とは,周波数設定1(F01)または周波数設定2(C30)など,多段周波数以外の周波数設定入力手段を示します。


『SS1』『SS2』を使用する場合=3通りの多段周波数設定が可能

『SS1』『SS2』『SS4』を使用する場合=7通りの多段周波数設定が可能

『SS1』『SS2』『SS4』『SS8』を使用する場合=15通りの多段周波数設定が可能

多段周波数設定例

デジタル設定周波数・多段周波数を用いて4通りの周波数を使用する場合
(以下の例では20Hz,30Hz,40Hz,50Hzを使用する方法を紹介しています。)

操作キー タッチパネル表示 備考
電源投入 0.00 左記と異なる表示がされる場合もございますが,問題ございません。
PRG/RESET1回押す 1F__ Fコード(基本機能)
FUNC/DATA1回押す F00 データ保護設定モード
上1回押す F01 周波数設定モード
FUNC/DATA1回押す 現在の設定値が表示されます。 工場出荷値:4
上または下 0以外の設定値であれば、
0に設定してください。
0: タッチパネルキー操作(上/下キー)
FUNC/DATA1回押す saveF02
saveの後にF02が表示されます。
上記設定値がインバータに保存されました。
PRG/RESET2回押す 0.00 現在設定されている周波数が表示されます。
上右記表示が
     出るまで押す
20.00 F01で設定したい周波数を設定します。
上キーを押すと,LEDモニタの桁移動が出来ます。
FUNC/DATA1回押す 20.00 上記設定値がインバータに保存されました。
PRG/RESET1回押す 1F__ Fコード(基本機能)
上1回押す 1E__ Eコード(端子機能)
FUNC/DATA1回押す e01 端子【X1】(機能選択)設定モード
FUNC/DATA1回押す 現在の設定値が表示されます。 工場出荷値:4
上または下 0以外の設定値であれば、
0に設定してください。
0: 多段周波数選択(0〜1段) 『SS1』
FUNC/DATA1回押す saveE02
saveの後にE02が表示されます。
上記設定値がインバータに保存されました。
FUNC/DATA1回押す 現在の設定値が表示されます。 工場出荷値:1
上または下 1以外の設定値であれば、
1に設定してください。
1: 多段周波数選択(0〜3段) 『SS2』
FUNC/DATA1回押す saveE03
saveの後にE03が表示されます。
上記設定値がインバータに保存されました。
PRG/RESET1回押す 1E__ Eコード(端子機能)
上1回押す 1C__ Cコード(制御機能)
FUNC/DATA1回押す C01 ジャンプ周波数1設定モード
上4回押す C05__ 多段周波数1設定モード
FUNC/DATA1回押す 現在の設定値が表示されます。 工場出荷値:0.00
上右記表示が
     出るまで押す
30.00 C05で設定したい周波数を設定します。
上キーを1秒以上押し続けると,LEDモニタの桁移動が出来ます。
FUNC/DATA1回押す saveC06
saveの後にC06が表示されます。
上記設定値がインバータに保存されました。
FUNC/DATA1回押す 現在の設定値が表示されます。 工場出荷値:0.00
上右記表示が
     出るまで押す
40.00 C06で設定したい周波数を設定します。
上キーを1秒以上押し続けると,LEDモニタの桁移動が出来ます。
FUNC/DATA1回押す saveC07
saveの後にC07が表示されます。
上記設定値がインバータに保存されました。
FUNC/DATA1回押す 現在の設定値が表示されます。 工場出荷値:0.00
上右記表示が
     出るまで押す
50.00 C07で設定したい周波数を設定します。
>>キーを1秒以上押し続けると,LEDモニタの桁移動が出来ます。
FUNC/DATA1回押す saveC08
saveの後にC08が表示されます。
上記設定値がインバータに保存されました。

注意事項

なし。

ワンポイントアドバイス

  • 設定周波数などを設定するために>>キーを1回押し,最下位桁が点滅してから>>キーを押す毎に, 点滅する桁が移動し,その桁でデータ変更ができます。この操作で簡単に大きな数値へデータ変更することができます。

関連資料

その他の質問

ページの先頭へ戻る