富士電機

  • Global
  • 総合サイトマップ
  • 関係会社情報
  • 国内販売ネットワーク
  • 国内拠点

アラームOH4が発生しました。どうしたらいいですか?

ご質問

アラームOH4が発生しました。どうしたらいいですか?

回答

OH4は,モータ温度が異常に上昇したことを意味します。
考えられる原因および,対策については以下をご確認ください。

原因 チェックと対策
  • (1) モータの周囲温度が仕様範囲を超えている。
周囲温度を測定する。
  • →周囲温度を下げる。
  • (2) モータの冷却系が故障。
モータの冷却系が正常に作動しているかを確認する。
  • →モータの冷却系を修理・交換する。
  • (3) 負荷が大きい。
出力電流を測定する。
  • →負荷を低減する(過負荷予報(E34)を利用し,過負荷になる前に負荷を低減する)。冬季には,負荷が大きくなる場合があります。
  • →周囲温度を下げる。
  • →モータ運転音(キャリア周波数)(F26)を高くする。
  • (4)PTCサーミスタの動作レベル
    (H27)が適正でない。
PTCサーミスタの仕様を確認し,検出電圧の再計算を行う。
  • →機能コードデータを変更する。
  • (5)PTCサーミスタの設定が適切でない。
サーミスタ(動作選択)(E59)(H26),端子【C1】の機能切換スイッチ(SW3)(SW4)を確認する。
  • →E59=0,H26=1に変更し,SW3 をC1側,SW4をPTC側に設定する。
  • (6) トルクブースト(F09)が高すぎる。
F09のデータをチェックし,データを下げてもストールしないか再調整する。
  • →F09を調整する。
  • (7) V/f設定が間違っている。
ベース(基底)周波数(F04),ベース(基底)周波数電圧(F05)がモータ定格銘板値に合っているかを確認する。
  • →モータ定格銘板値に合わせる。
  • (8) 機能コードの設定が間違っている。
PTCサーミスタを使用していないのに,サーミスタ(動作選択)(H26)が動作状態になっている。
  • →サーミスタ(動作選択)(H26)を0(不動作)に変更する。

注意事項

なし。

ワンポイントアドバイス

H26(サーミスタ-モータ用(動作選択))にて出力信号『THM』を出力して,運転継続させることができます (設定値:2)。

関連資料

その他の質問

ページの先頭へ戻る