富士電機

  • Global
  • 総合サイトマップ
  • 関係会社情報
  • 国内販売ネットワーク
  • 国内拠点

タッチパネルのセンターバー(----),アンダーバー(_ _ _ _)の表示は故障ですか?

ご質問

タッチパネルのセンターバー(----),アンダーバー(_ _ _ _)の表示は故障ですか?

回答

タッチパネルのセンターバー(----),もしくはアンダーバー(_ _ _ _)が表示された際は以下が原因および,対策になります。

センターバー表示
原因 チェック内容と対策 備考
  • (1) PID制御が不動作中
    j010)に,
    LED モニタ(表示選択)
    e43)を10または12
    に設定した。
他のモニタ項目を表示させたい場合,
E43=10または12に設定されていないかを確認する。
  • →  E43=  10または  12以外の値に設定する。
E43(LEDモニタ(表示選択))
10:PID 指令値
12:PID フィードバック量
  • (2) PID制御が動作中(J0112または03)に,FUNC/DATAキーでLED モニタに「PID 指令値」または「PIDフィードバック値」を表示するように設定している状態で,PID 制御を不動作(J010)にした。
PID指令またはPIDフィードバック値を表示させたい場合,PID制御が不動作(J010)に設定されていないかを確認する。
  • →  J01= 12または  03にする。
J01(PID制御(動作選択))
1:プロセス用(正動作)
2:プロセス用(逆動作)
3:速度制御(ダンサ)
  • (3) タッチパネルが接続不良となっている。
事前確認: FUNC/DATAキーを押しても,
             表示が切り換わらない。
遠隔操作をしているならば、ケーブルの導通を確認する。
  • →導通していなければ、ケーブルの交換をする。
遠隔操作をしていなければ、タッチパネルの接続を確認する。
  • →接続部分が異常ならば、タッチパネルの交換をする。
アンダーバー表示
原因 チェック内容と対策 備考
  • (1) 直流中間回路電圧が低下している。
タッチパネルのプログラムモードでメニュー5「メンテナンス情報」から5_01を選択し,直流中間回路電圧を確認する。
(3相200V:DC200V 以下,3相400V:DC400V 以下)
  • 入力電源の電圧仕様にあった電源を接続する。
  • (2) 制御電源補助入力のみで主電源が投入されていない。
主電源の投入を確認する。
  • 主電源の投入する。
 
端子【P1】-【P(+)】間の短絡バーが外されていないか,または接触不良になっていないかを確認する。
  • 端子【P1】-【P(+)】間に短絡バーまたは直流リアクトルを取り付ける, または,ねじを増し締めする。
  • (3) 直流給電の接続で交流電源が未接続であるが,主電源断検出が動作(H72=1)になっている。
主電源の接続を確認し,機能コードH72=1(工場出荷状態)に設定されていないかを確認する。
  •   H72=  0にする。
H72(主電源断検出(動作選択))
0:不動作
1:動作
  • (4) 主電源入力端子の配線が断線している
入力電圧を測定する。
  • 主電源入力配線または入力機器(配線用遮断器・電磁接触器など)を修理または交換する。
 

注意事項

なし

ワンポイントアドバイス

なし

関連資料

その他の質問

ページの先頭へ戻る