富士電機

  • Global
  • 総合サイトマップ
  • 関係会社情報
  • 国内販売ネットワーク
  • 国内拠点

大幅な省エネを実現

空調熱源システムにおいては,一般的に季節,昼夜で冷温水の必要な量が変動します。
そのため,高稼働時に合わせた送水圧一定制御で運転を続けると,低稼働時においては不要な圧力を末端にかけることとなり,高い送出圧を維持するためにポンプの無駄な電力消費が行われます。
FRENIC-HVACでは,負荷流量から目標圧力を推定するリニアライザ機能により,推定末端圧制御が可能です。
現状の空調の快適さを維持した上でポンプの無駄な消費電力を省き,大きな省エネ効果が得られます。

ページの先頭へ戻る