富士電機

  • Global
  • 総合サイトマップ
  • 関係会社情報
  • 国内販売ネットワーク
  • 国内拠点

瞬時停電発生後のインバータの復帰動作設定は?

ご質問

瞬時停電発生後のインバータの復帰動作設定は?

回答

F14(瞬時停電再始動(動作選択))で瞬時停電後のインバータの復帰動作を選択できます。 詳細説明をFRENIC-MEGAユーザーズマニュアルの「F14瞬時停電再始動」に記載しておりますので,ご確認ください。

F14 データ 動作内容
拾込み動作なし 拾込み動作あり
0: 即時トリップ インバータが運転中に瞬時停電が発生し,インバータの直流中間回路の電圧で不足電圧を検出すると,その時点で,不足電圧アラームLUを出力し,インバータの出力を遮断し,モータはフリーラン状態になります。
1: 復電時トリップ インバータが運転中に瞬時停電が発生し,インバータの直流中間回路の電圧で不足電圧を検出すると,その時点で,インバータの出力を遮断し,モータはフリーラン状態になりますが,不足電圧アラームにはなりません。
瞬時停電から復電したときに不足電圧アラームLUを出力します。
2: 瞬停時減速停止後トリップ インバータが運転中に瞬時停電が発生し,インバータの直流中間回路の電圧が運転継続レベル以下になった時点で,減速停止制御を開始します。減速停止制御では,減速することにより負荷の慣性モーメントの運動エネルギーを回生し,減速動作を継続します。減速停止後,LUのアラームを出力します。
3: 運転継続
     (重慣性負荷または一般負荷用)
インバータが運転中に瞬時停電が発生し,インバータの直流中間回路の電圧が運転継続レベル以下になった時点で,運転継続制御を開始します。運転継続制御では,減速することにより負荷の慣性モーメントの運動エネルギーを回生し,運転を継続して復電を待ちます。回生するエネルギーが少なく,不足電圧を検出すると,インバータの出力を遮断し,モータはフリーラン状態になります。
復電時に運転指令が入力されていれば,不足電圧検出時の周波数から再始動します。 復電時に運転指令が入力されていれば,拾込み動作を行いモータの速度を推定し,その周波数から再始動します。
この設定は,負荷の慣性モーメントが大きなファンなどの用途に最適です。
4: 停電時の周波数より再始動
     (一般負荷用)
インバータが運転中に瞬時停電が発生し,インバータの直流中間回路の電圧で不足電圧を検出すると,インバータの出力を遮断し,モータはフリーラン状態になります。
復電時に運転指令が入力されていれば,不足電圧検出時の周波数から再始動します。 復電時に運転指令が入力されていれば,拾込み動作を行いモータの速度を推定し,その周波数から再始動します。
この設定は,負荷慣性モーメントが大きく,瞬時停電でモータがフリーランになっても,モータ速度の低下が少ない場合(ファンなど)に最適です。
5: 始動周波数より再始動 インバータが運転中に瞬時停電が発生し,インバータの直流中間回路の電圧で不足電圧を検出すると,インバータの出力を遮断し,モータはフリーラン状態になります。
復電時に運転指令が入力されていれば,機能コードF23で設定された始動周波数から再始動します。 復電時に運転指令が入力されていれば,拾込み動作を行いモータの速度を推定し,その周波数から再始動します。
この設定は,負荷慣性モーメントが小さく,かつ負荷が重い場合で,瞬時停電でモータがフリーランになると,短時間でモータ速度がゼロまで低下する場合(ポンプなど)に最適です。
拾込み動作あり:始動特性選択『STM』ON またはH091or2にて,拾込み動作が選択されます。
始動特性選択『STM』ON 拾込み動作の詳細については機能コードH09(始動特性)を参照してください。

瞬停再始動タイミングチャート

注意事項

なし。

ワンポイントアドバイス

なし。

関連資料

その他の質問

ページの先頭へ戻る