富士電機

  • Global
  • 総合サイトマップ
  • 関係会社情報
  • 国内販売ネットワーク
  • 国内拠点

アラームOL1OL2OL3OL4が発生しました。どうしたらいいですか?

ご質問

アラームOL1OL2OL3OL4が発生しました。どうしたらいいですか?

回答

アラームOL1OL2OL3OL4は,モータ1~モータ4のモータ過負荷検出用の電子サーマル機能が動作したことを意味します。 考えられる原因および,対策については以下をご確認ください。

原因 チェックと対策
  • (1) 電子サーマルの特性とモータの過負荷特性が合っていない。
モータ特性を確認する。
  • →機能コード(P99,F10,F12)のデータを見直す。
  • →外部サーマルリレーを使用する。
  • (2) 電子サーマルの動作レベルが適切でない。
モータの連続許容電流を再確認する。
  • →機能コード(F11)のデータを再検討し,変更する。
  • (3) 加減速時間が短い。
負荷の慣性モーメントと加減速時間から必要な加減速トルクと加減速時間を再計算する。
  • →加減速時間(F07,F08,E10〜E15,H56)を長くする。
  • (4) 負荷が大きい。
出力電流を測定する。
  • →負荷を低減する(過負荷予報(E34)を利用し,過負荷になる前に負荷を低減する)。
    冬季には,負荷が大きくなる場合があります。
  • (5) トルクブースト(F09)が高すぎる。
F09のデータをチェックし,データを下げてもストールしないか再調整する。
  • → F09を調整する。

注意事項

なし。

ワンポイントアドバイス

なし。

関連資料

その他の質問

ページの先頭へ戻る