富士電機

  • Global
  • 総合サイトマップ
  • 関係会社情報
  • 国内販売ネットワーク
  • 国内拠点

タッチパネルで遠隔操作する方法はありますか?

ご質問

タッチパネルで遠隔操作する方法はありますか?

回答

遠隔操作をする際は遠隔操作用延長ケーブル(オプション)が必要になります。
また,FRENIC-MEGA標準付属品のタッチパネルでも遠隔操作が可能ですが,より操作性が高い多機能タッチパネルもオプションとして用意しております。

■遠隔操作用延長ケーブル(形式:CB-□S)

遠隔タッチパネル接続用のケーブルです。ストレート1m・3m・5mの3種類を用意しています。
なお,市販のLANケーブルでも使用可能です。以下仕様を満たす製品を選定してください。
*形式の□には,1,3,5のいずれかが入り,1m・3m・5mを意味します。

<ケーブル仕様>
米国ANSI/TIA/EIA-568A カテゴリ5の規格を満足する10BASE-T/100BASE-TX用ストレートケーブル(20m以内)
推奨LAN ケーブル(1mの場合)

メーカ

  : サンワサプライ株式会社

形 式

  : KB-10T5-01K,KB-STP-01K(シールドケーブル,EMC指令に適合させる場合)

■多機能タッチパネル(形式:TP-G1-J1/TP-G1-C1)

バックライト付きでより見やすくなり,機能コードの編集,設定,メンテナンス管理が容易になります。
末尾のJ1/C1は対応言語の違いを意味します。

注意事項

なし。

ワンポイントアドバイス

なし。

関連資料

その他の質問

ページの先頭へ戻る