富士電機

  • Global
  • 総合サイトマップ
  • 関係会社情報
  • 国内販売ネットワーク
  • 国内拠点

アラームLUが発生しました。どうしたらいいですか?

ご質問

アラームLUが発生しました。どうしたらいいですか?

回答

LUは,直流中間回路電圧が不足電圧レベルを下回ったことを意味します。
考えられる原因および,対策については以下をご確認ください。

原因 チェックと対策
  • (1) 瞬時停電が発生した。
  • →アラームを解除する。
  • →アラームとはせずに再始動したい場合は,負荷の種類により瞬時停電再始動(動作選択)(F14)のデータを4または5に設定する。
  • (2) 電源を再投入する間隔が短い。
    (F14=1の場合)
制御電源確立状態(タッチパネルの表示で判断)で電源投入していないかを確認する。
  • →タッチパネルの表示が消えてから電源を再投入する。
  • (3) 電源電圧がインバータの仕様範囲に達していない。
入力電圧を測定する。
  • →電源電圧を仕様範囲内に上げる。
  • (4) 電源回路に機器故障または配線ミスがある。
入力電圧を測定し,故障機器,配線ミスを特定する。
  • →故障機器を交換,配線ミスを修正する。
  • (5) 同一電源系統に接続した別の負荷に大きな始動電流が流れ,電源電圧が一時的に低下する。
入力電圧を測定し,電圧変動をチェックする。
  • →電源系統を見直す。
  • (6) 電源トランスの容量不足により,インバータの突入電流で電源電圧が低下する。
配線用遮断器・漏電遮断器(過電流保護機能付き)・電磁接触器ON時にアラームが発生するかを確認する。
  • →電源トランス容量を見直す。

注意事項

なし。

ワンポイントアドバイス

なし。

関連資料

その他の質問

ページの先頭へ戻る