富士電機

  • Global
  • 総合サイトマップ
  • 関係会社情報
  • 国内販売ネットワーク
  • 国内拠点

タッチパネルで遠隔操作する方法はありますか?

ご質問

タッチパネルで遠隔操作する方法はありますか?

回答

遠隔操作をする際は遠隔タッチパネル(オプション)及び遠隔操作用延長ケーブル(オプション)が必要になります。
  FRENIC-Mini(C2)用には以下の遠隔タッチパネルを用意しています。

■遠隔タッチパネル(形式:TP-E1)
遠隔操作,機能設定および,表示を行うことができます(コピー機能付き)。

■USB付き遠隔タッチパネル(形式:TP-E1U)
FRENIC-LoaderとインバータをUSBで接続することができます。

■遠隔操作用延長ケーブル(形式:CB-□S)
遠隔タッチパネル接続用のケーブルです。ストレート1m・3m・5mの3種類を用意しています。
なお,市販のLANケーブルでも使用可能です。以下仕様を満たす製品を選定してください。
*形式の□には, 1,3,5のいずれかが入り,1m・3m・5mを意味します。

<ケーブル仕様>
米国ANSI/TIA/EIA-568A カテゴリ5の規格を満足する10BASE-T/100BASE-TX 用ストレートケーブル(20m以内)
推奨LAN ケーブル(1mの場合)
メーカ : サンワサプライ株式会社

注意事項

なし。

ワンポイントアドバイス

なし。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                             

関連資料

その他の質問

ページの先頭へ戻る