富士電機

  • Global
  • 総合サイトマップ
  • 関係会社情報
  • 国内販売ネットワーク
  • 国内拠点
MENU

MainGATE Process プラント系製造業の方へ

MainGATE-Processプラント系製造管理システム

プラント系製造管理システム(MainGATE-Process)とは? 【-製品概要-】

食品業界は消費者の嗜好の多様化が進んでおり、多品種少ロット生産に対応するための自動化を進めています。
この自動化を構築する上で重要な役割となるのがMES(Manufacturing Execution System:製造実行システム)です。
MESは一般に生産時点情報管理(POP:Point of Production)機能と合わせて、
◎工程管理、◎現物管理、◎品質管理、◎製造指示、◎進捗管理、◎工場内物流管理、◎生産設備制御、◎保守管理などの
各種の生産支援・管理を行う機能を備えています。
以下にプラント系製造業向けのMESである、「プラント系製造管理システム」をご紹介します。

1.システムの目的と実現方式

システムの目的と実現方式

◎製造活動の安定化
需要に即応し、かつ高品質の製品を市場に提供するためには、製造拠点の能力及び問題・課題ポイントの
正確かつリアルタイムな把握が必要不可欠です。 また、日常的に実行される、製造作業、点検作業、品質検査、及び設備の状態を考慮した製造指示機能も必要となります。
◎トレーサビリティーの確保
製品の品質を最終製品の分析結果を見るだけでなく、原料の履歴、製造過程途上で発生する各種品質情報及び流通過程を
通して管理することにより、最終製品の製品全ライフサイクルを逆上ってトレースできる環境の構築が必要となります。

2.製品構成と全体イメージ

システムの構成

製造活動の安定を及び、トレーサビリティの確保を目的として、次の3つ機能ブロックでシステムを構成しています。

[1]計画系
工場ホストからの生産計画を基に、各工程に対する指図データを作成します。
[2]実行系
計画系で作成した指図データを基に、各システムへ工程の進捗に合わせて指図を出力します。
[3]実績系
イベント及びトレンド型のデータの収集を行いトレーシングできる形で格納します。また、食品工場では複数ベンダーの
設備、システムで構築されているのが一般的であるため、マルチベンダーに対応した、特に、制御層に依存しないオープン指向の設計としています。
製品構成と全体イメージ

プラント系製造管理(MainGATE-Process)6つの製品(※基本構成)

MainGATE/PPA(Process Performance Analysis)

製品概要

経営管理,工程管理,品質管理などの管理区分に応じ,現場からあがってくる情報を,様々な切り口で参照することができます。
  • トレンド/イベント情報の選択・組合せ・演算定義と,予め用意された表示形式(表,各種グラフ,専用画面)の中から適切な形式を選択・表示。
  • 製品方向へのトレースフォワード,
    原料方向へのトレースバック機能を実現する
    トレーサビリティの機能を実現します。

主な機能

  • バッチプロセス標準モデルS88に準拠した
    階層データ構造です。
  • 予めユーザーが用意したテンプレートにより,
    グラフや表による様々な分析機能を使った
    レポートを作成することができます。
  • 製造工程と,非同期(不定期)に
    発生する実績データ(在庫データ,品質検査データ等)を,製造番号や発生時刻等と関連付けて収集し,
    トレーサビリティを実現しています。
  • 工程,ロット,設備等,様々なパラメータをキーに
    トレースが可能です。

富士電機の「MainGATE」は、2つの大きなコンセプトをもとにお客様へソリューションをご用意しています。