富士電機
  • Global
  • 総合サイトマップ
  • 関係会社情報
  • 国内販売ネットワーク
  • 国内拠点

特長

高速・高度化する機械制御の実現

超高速の1msコントローラ

1msスキャン

  • 命令処理速度の高速化により、プログラムのスキャンタイム1msを実現しました。
  • フローティング(浮動小数点)演算速度の飛躍的向上により、実数演算や高精度な位置決め制御などを実用化しました。
 SPH3000(D)SPH300SPH2000SPH200
基本命令LD9ns20ns30ns70ns
MOV8ns40ns40ns140ns
フローティング演算命令88ns80ns270ns?56000ns?

*各命令語処理速度、タクト周期の詳細はマニュアル(FH200)を参照ください。

1msのI/Oリフレッシュ

動作タイミング
  • 1024点の入出力を1msでリフレッシュします。
  • タクト制御によりI/Oリフレッシュ周期の定時性を確保しました。I/Oリフレッシュサイクルが、1ms、2ms…10msまで設定可能で、タクトタイムを厳しく要求される処理に最適です。
  • SPH3000MMは最小0.25ms、SPH300は最小0.5ms、SPH2000/SPH3000は最小1msより、タクトタイムを設定できます。

タクト周期

E-SXバス

タクト周期0.25ms0.375ms0.5ms1ms1.5ms2ms
I/O最大サイズ
(I/O局数)
4局67word256word512word2048word2048word4096word
16局--256word1024word1024word1024word
32局---512word2048word2048word
64局----512word1024word

SXバス

タクト周期0.25ms0.375ms0.5ms1ms1.5ms2ms
I/O最大サイズ--64word128word256word512word

国際規格対応のコントローラ

国際規格IEC61131準拠(JIS B 3501.3503 準拠)

  • ハードウェア、ソフトウェアともにプログラマブルコントローラの国際規格であるIEC61131に準拠しています。
  • IEC61131はすでにJIS 規格化(JIS B 3501.3503)されており、国内でも標準規格となっています。
  • プログラミング言語は国際規格IEC 61131-3(JIS B 3503)に準拠しています。

国土交通省が定めた電気設備の標準仕様に適合

  • 国土交通省の電気設備の標準仕様を定めた【公共建築工事標準仕様書 電気設備工事編(平成25 年版)】にて、使用プログラマブルコントローラはJIS B 3501-3503 即ちIEC61131準拠品であることと指定されています。
  • MICREX-SXは、この仕様に適合するプログラマブルコントローラです。

国際規格対応

  • IEC、JISの準拠はもちろんCEマーキング、ULおよびRoHSにも標準にて対応しています。
  • 船舶規格であるNK(日本)、LR(イギリス ロイド船級協会規格)も標準にて対応しています。
国際規格対応

最大8CPU対応のマルチCPUシステム

最大8CPUによる並列処理が可能
(SPH300/SPH2000/SPH3000/SPH3000D)

  • 1CPUあたりの負荷を軽減し、長大なアプリケーションプログラムも高速に処理することが可能です。例えばCPUを追加して高機能処理用、シーケンス制御処理用と負荷を分散させることも可能です。また、複数CPUによる並列処理を実行しても、I/Oリフレッシュ管理は自動的に実行されます。
4台のCPUで並列処理をした場合の処理時間短縮の模式

システムの安全、信頼性を確保する冗長化システム

1:1ウォームスタンバイ(SPH300/SPH2000)

  • 1:1ウォームスタンバイでは、CPUに異常が発生した場合でもシステムを停止させることなく運転を継続できる冗長化構成です。(異常検出とCPU切替えのため、制御が一時的に停滞する場合があります。)
  • 稼働系と待機系のCPUに同一プログラムを格納することにより、常時データの等値化が行われます。
1:1ウォームスタンバイ(SPH300/SPH2000)

N:1コールドスタンバイ(SPH300)

  • N:1コールドスタンバイでは、CPUに異常が発生した場合、データの等値化は行われませんが、待機系のCPUを1台にすることができる冗長化構成です。
  • 稼働系が保持していたデータ類は引き継がれません。待機系のCPUはイニシャルスタートとなります。
N:1コールドスタンバイ(SPH300)-01
  • メモリカードによるプログラムの集中管理が可能です。N台分のプログラムをメモリカードに格納し、メモリカードインタフェースモジュールに装着することでプログラムの集中管理ができます。ダウンしたCPUの処理プログラムと同じプログラムをメモリカードインタフェースモジュールのスイッチ操作により、待機系のCPUにダウンロードします。

注1)SPH2000の対応形式はNP1PM-256Hです。
注2)DC電源にて冗長化構築を行う場合は、当社営業へご相談ください。

N:1コールドスタンバイ(SPH300)-02

超高速E-SXバス

E-SXバスとSXバスの機能・性能比較

機能・性能SPH3000(D)SPH3000MM/MG
システムバスSXバスSXバスE-SXバス
直結I/O容量512word512word4096word
リフレッシュ性能128word/ms128word/ms2048word/ms
伝送速度25Mbps25Mbps100Mbps
タクトぶれ100µs100µs±1µs以下
局間同期なしなしあり(±1µs 以下)
距離(局間/総延長)25m/25m25m/25m100m/1km
断線継続運転(ループバック)なしなしあり
  • 直結I/O容量
  • 伝送速度
  • リフレッシュ性能
  • タクト精度
  • 距離

E-SXバスの同期制御

バス内同期

E-SXバス内のデータ出力
タイミングが同期します。

同期性能プラスマイナス1µS以下

バス間同期

E-SXバスのチャネル間データ出力
タイミングが同期します。

同期性能プラスマイナス3µS以下

E-SXバスの接続機能

ループバック機能

信号リピーター機能により、断線をしても通信を継続します。

ループバック機能

信号バイパス機能

電源が未投入の機器があっても電源補助ユニットにより、通信を継続します。

信号バイパス機能