富士電機
  • Global
  • 総合サイトマップ
  • 関係会社情報
  • 国内販売ネットワーク
  • 国内拠点

位置決めモジュール

高速カウンタモジュール:NP1F-HC □

特長

NP1F-HC2 □

高速入力パルスを2 チャネルまで計数可能です。

3種類の入力信号に対応しています。

  1. 90°位相差パルス
  2. 正転・逆転パルス
  3. パルス+符号

4種類の動作モードと多彩です。

  1. リング動作
  2. ゲート動作
  3. 比較一致検出動作
  4. Z相検出動作

NP1F-HC2MR

入力電圧はDC5/12/24V 対応なので、外部電源DC24V の統一、パルス入力接続性の向上が図れます。

NP1F-HC2MR1

当社インバータFRENIC5000 VG7 との接続が最適となるようにパルス入力フィルタを設定しています。

NP1F-HC8

高速入力パルスを8 チャネル最大50kHz まで計数可能です。

3種類の入力信号に対応しています。

  1. 90°位相差パルス
  2. 正転・逆転パルス
  3. パルス+符号

3種類の動作モードと多彩です。

  1. リング動作
  2. ゲート動作
  3. リセット動作

NP1F-HC □

  • NP1F-HC2
  • NP1F-HC2MR
  • NP1F-HC2MR1
  • NP1F-HC8
  • NP1F-HC2

2軸パルス列出力位置決めモジュール:NP1F-HP2

特長

パルス列指令入力式のサーボアンプ・モータ、またはステッピングモータ用ドライバと本モジュールの組み合わせにより、高精度の位置決めが可能です。

拡張FB により軸独立の単機能位置決めから複数軸の同時起動位置決め動作(疑似直線補間)まで、必要な機能を容易に組み込み可能です。

  • NP1F-HP2

2軸パルス列複合位置決めモジュール:NP1F-MP2

特長

パルス列指令入力式のサーボアンプ・モータ、またはステッピングモータ用ドライバと本モジュールの組み合わせにより、高精度の位置決めが可能です。

拡張FB により軸独立の単機能位置決めから複数軸の同時起動位置決め動作(疑似直線補間)および補間、カム/ 走行切断まで、必要な機能を容易に組み込み可能です。

帰還パルスによる現在位置(帰還現在値)検出ができます。2 種類の動作モードが可能です(パルス発生モード、位置指令モード)。

  • NP1F-MP2

2軸アナログ複合位置決めモジュール:NP1F-MA2

特長

アナログ速度指令入力式のサーボアンプ・モータと本モジュールの組み合わせにより、高精度の位置決めが可能。

拡張FBにより軸独立の単機能位置決めから複数軸の同時起動位置決め動作(疑似直線補間)および補間、カム/ 走行切断まで、必要な機能を容易に組み込み可能。

3 種類の動作モードが可能。
(パルス発生モード、位置制御モード、位置指令モード)

  • NP1F-MA2

4軸パルス列出力位置決めユニット:NR1SF-HP4DT

特長

パルス列指令入力式のサーボアンプ・モータ、またはステッピングモータ用ドライバと本モジュールの組み合わせにより、高精度の位置決めが可能です。

拡張FB を必要としない、最小限のデータ設定・指令操作プログラムにより位置決め制御が可能です。

  • NR1SF-HP4DT