富士電機
  • Global
  • 総合サイトマップ
  • 関係会社情報
  • 国内販売ネットワーク
  • 国内拠点

ホーム > 製品情報 > プログラマブルコントローラ PLC > モジュール一覧 > SX バス関連 / その他通信モジュール

SX バス関連 / その他通信モジュール

SX バス光リンクモジュール :NP1L-OL1/OL2
SX バス光コンバータユニット :NP2L-OE1

特長

SX バス光リンクモジュール/ユニットを使用することで、SX バス伝送路を光化し、SX バスの長距離分散システムを構築することができます。

NP1L-OL1/OL2

  • べースボード上に装着し、SX バス信号を光伝送します。

NP2L-OE1

  • SX バスケーブルと光ファイバケーブルを接続し、SX バス信号を光伝送するユニットです。
  • NP1L-OL1
  • NP2L-OE1

SX バス電気リピータユニット:NP2L-RP1

特長

  • SX バス電気ケーブルの信号波形を補正することで、更に 25m の電気ケーブルでの SX バス接続を可能にします。
  • 1 つの SX システムで最大 3 台まで使用することができ、SX バス電気ケーブルでの総延長を最大 100m とすることができます。
  • NP2L-RP1

SX バス二重化ユニット:NP2L-BH1

特長

  • ベースボードから SX バスケーブルを二重化するためのユニットです。
    ベースボードの左側(ベースボードの SX バスコネクタ近傍)に設置し、物理的に SX バスを2系統に分けます。
  • SX バスの二重化により断線時にもバス通信を継続、高信頼性が要求される船舶・発電設備、走行システムなどに適用できます。
  • NP2L-BH1

USB 通信モジュール:NP1L-UC1

特長

  • ベースボード(SX バス)上に装着し、CPU モジュール(SPH2000/3000/3000D)とプログラミング支援ツール SX-Programmer を接続します。
  • 本モジュールとプログラミング支援ツールはUSB ケーブルで接続します。
  • 本モジュールは、1 コンフィグレーションに最大238 台まで接続可能です。
  • 本モジュールを、分散配置された各ベースボードに装着することで、IO(アクチュエータ、制御機器)などの実際の状態を確認しながらプログラミング支援ツールが使用可能となります。
  • NP1L-UC1
  • NP1L-UC1