富士電機
  • Global
  • 総合サイトマップ
  • 関係会社情報
  • 国内販売ネットワーク
  • 国内拠点

変圧器・分路リアクトル

分路リアクトル

特長

長距離送電線路やケーブル送電線路においては、時に受電端の電圧上昇の問題を生じます。これは対地静電容量に起因する進相無効電力によるものであり、特に軽負荷時に顕著となります。分路リアクトルは系統に並列に接続され、この進相無効電力を補償することにより電圧上昇を抑えて、電圧の安定化に寄与します。
富士電機ではラジアル鉄心の採用などにより、低損失、低騒音、高信頼性の分路リアクトルを製作しており、定格電圧765kV用を含め、各国へ多数の納入実績を有しております。

  • 単相分路リアクトル
  • 定格電圧:765/√3 kV
  • 定格容量:400/3 Mvar
  • 冷却方式:ONAN